子ども社会の心理学―親友・悪友・いじめっ子

個数:
  • ポイントキャンペーン

子ども社会の心理学―親友・悪友・いじめっ子

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年01月22日 17時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422120348
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0011

内容説明

子どもは友だちつき合いを通して社会性を身につける。友情の本質、グループの持つ掟や残酷さ、いじめ、人気戦争。子どもの世界を鮮やかに分析し、親や先生の役割を明示した画期的な本。

目次

恐るべき誕生パーティ
はじめての絆
友情をたずねて
ベストフレンドがいれば
ジャングルの掟
敵の出現
サバイバル
ジェンダー・ゲームのルール
バイキンたちのロマンス
違いを越えて
学校にできること
親にできること

著者紹介

トンプソン,マイケル[トンプソン,マイケル][Thompson,Michael]
臨床心理学者。現在ボストン郊外の高校でスクールカウンセラーをするかたわら、合衆国各地でイジメや少年非行について、教師や親と一緒に考えるワークショップを開いている。1999年、ダン・キンドロン博士と共著で『カインの育て方』を世に問う。銃乱射事件など凶悪化する少年問題に心理面から取り組んだこの本は、アメリカでベストセラーとなった。その後も、『男の子を育てる愛のカルテ』で一般の親たちからの相談にアドバイスを与えたり、ADHDの専門家エドワード・ハロウェルと組んで『幼児心理の探求』を著したりと、精力的な活動をしている。理論肌というより、ユーモアで「悩み」を「笑い」に変え、相手をほのぼのさせてしまう名人。私立高校全国連合会評議員、インターナショナル教頭学会会長。マサチューセッツ州アーリントン在住

グレース,キャサリン・オニール[グレース,キャサリンオニール][Grace,Catherine O’neill]
雑誌『インディペンデント・スクール』の元編集者。十五年間ワシントン・ポスト紙で若者向けの心理学コラムを担当。夫のドナルド・グレースが校長を務めるマサチューセッツ州のチャペル・ヒル寄宿高校で、国語の先生をしている

コーエン,ローレンス・J.[コーエン,ローレンスJ.][Cohen,Lawrence J.]
臨床心理学者。著書に『楽しい子育て』。ボストン・グローブ紙でコラムを書いている。マサチューセッツ州ブルックリン在住

坂崎浩久[サカザキヒロヒサ]
1963年生まれ。1988年、京都大学大学院教育学研究科修士課程修了後、阪本精神病理学研究所研究員。臨床心理士