〈おたすけモンスター〉シリーズ<br> きみは、きみのままでいい―子どもの自己肯定感を育てるガイド

個数:

〈おたすけモンスター〉シリーズ
きみは、きみのままでいい―子どもの自己肯定感を育てるガイド

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2019年08月20日 06時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422116877
  • NDC分類 K146
  • Cコード C0311

内容説明

みんなと違って、いいんだよ。きみは、きみ。ボップといっしょに、すばらしいきみを見つける旅に出よう!7歳~11歳の子どものためのCBT。

目次

1 自分が考える「自分」って?(自分自身のことをどう思う?;やってみよう!まず自分のことを整理する ほか)
2 自分を信じる―もっと自分を大切に(やってみよう!あなたをいい気分にするのは?;やってみよう!あなたをイヤな気分にするのは? ほか)
3 イヤな考えをコントロールする(うれしくない考えってどんなもの?;やってみよう!それはほんとう? ほか)
4 自分をいたわり、大切にする(自分の時間をゆったり過ごそう;緊張ってどんな状態?どんな感じ? ほか)
5 将来の計画(未来に目を向けて;やってみよう!わたしの未来 ほか)

著者等紹介

オニール,ポピー[オニール,ポピー] [O’Neill,Poppy]
ポーツマス在住の作家。短編小説とノンフィクション作品は、さまざまな文芸雑誌やアンソロジーに登場している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

〈おたすけモンスター〉シリーズの第二弾。7歳から11歳くらいの子どもが自信と誇りをもてるよう工夫した実践的ワークブック。 わが子がほかの子どもより引っ込み思案だったり、いろいろな活動に参加したがらなかったりすることで心配している保護者は多いのではないだろうか? 
 実際、自信や自尊心につながる「自己評価」の問題は、現代の子どもたちの心の健康に強く影響を及ぼしている。
 
 この本は、7歳から11歳くらいの子どもの心の問題に関わるワークブック〈おたすけモンスター〉シリーズの第二弾で、認知行動療法に基づいた実践ガイドでもある。

 この年齢の時期に起こる多くの出来事は、子どもが自分の価値についての見方を固めるのに、強い影響を及ぼすことが知られている。なかには何年にもわたってその影響が残り続け、子どもの自己評価が歪んでしまうことすらあるという。

 本書で登場するおたすけモンスターは、同じくなかなか自分に自信がもてない気弱なモンスターのボップ。
 子どもたちは、ボップとともに簡単な作業や訓練を繰り返しながら、しだいに自分自身のユニークな価値に気づき、自信と誇りをもって困難を克服していけるようになる。

 また、子どもが自分でペースを決めて、自力で作業に取り組めるようにすることで、しだいに自立心が育まれ、自己評価も改善されてゆく。

 子どもの自己肯定感を育む手助けをするのに、遅すぎるということはけっしてない。

False

P・オニール[P オニール]
著・文・その他

渡辺 滋人[ワタナベ シゲト]
翻訳