アカデミア叢書<br> 聴き手のこころの動きから見る心理臨床の専門性―内的体験過程からのアプローチ

個数:

アカデミア叢書
聴き手のこころの動きから見る心理臨床の専門性―内的体験過程からのアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月20日 20時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422116488
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3311

内容説明

心理臨床家の話の聴き方は普通の人と何が違うのか?こころのケアの専門家としてそのニーズがますます高まる心理臨床家。「聴く」という行為において、どのようなこころの動きが生じているのか。聴き手の内的体験過程という独自の視点から心理臨床の専門性を捉える試み。

目次

序章 心理臨床の専門性を明らかにする試み
第1章 心理臨床の専門性がもつ特徴―心理臨床家の体験に基づく帰納的再定義
第2章 専門性の一つとしての聴き手のこころの動き―先行研究の概観
第3章 専門家と非専門家の聴き方の違い―ロールプレイを用いた調査
第4章 専門家と非専門家の内的体験過程の違い―インタビューを通した調査
第5章 専門家と非専門家の関係性の捉え方の違い―投映法的手法を用いた調査
第6章 専門家のこころの動きの個別性と普遍性―事例報告の読み方を通して
第7章 心理臨床実践における実際―二つのケースをもとに
終章 心理臨床の専門性と展望

著者等紹介

鈴木優佳[スズキユウカ]
1990年、静岡県生まれ。2018年、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。臨床心理士。現在、京都大学大学院教育学研究科臨床心理学講座特定助教。専門は臨床心理学、心理療法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

悩みを抱えた人の話を「聴く」ことでこころのケアを行う専門家である心理臨床家。この「聴く」という誰にでもできる行為を行っているとき、心理臨床家にはどのようなこころの動きが生じていて、また普通の人の聴き方とは何が異なるのか。「聴き手」である心理臨床家の内的体験過程に着目するという独自の視点から調査研究を試み、また公刊事例や自らの臨床事例を丁寧に検討することで心理臨床の専門性の本質を浮き彫りにする。