アカデミア叢書<br> 心的現実感(リアリティ)と離人感―質問紙と風景構成法から見る新たな心理アセスメントへの展開

個数:
電子版価格 ¥3,740
  • 電書あり

アカデミア叢書
心的現実感(リアリティ)と離人感―質問紙と風景構成法から見る新たな心理アセスメントへの展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 02時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 161p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422116471
  • NDC分類 145.8
  • Cコード C3311

内容説明

自己・身体・外界の体験からリアルさが失われる離人感の奥に、逆説的に、新たな潜在的主体がうごめいている―。離人感それ自体を個々人が体験している心的リアリティと捉え、独自の心理尺度や風景構成法を用いた研究を通じて、一人ひとりのクライエントの心が生きている次元に迫る新たな視座を提示する。

目次

序章 心の生きている次元へのアプローチ―心のポテンシャルを捉える視座
第1章 離人症論の再検討
第2章 木村敏の存在構造論の理論的再検討
第3章 存在構造論の実証的再検討―心的現実感と「心の軸足」を捉える視座
第4章 木村敏の離人症論の再検討
第5章 心的現実感と「心の視点」を捉える風景構成法による心理アセスメント
第6章 本書のまとめと総合的検討―自己性のポテンシャルを生きる

著者等紹介

松下姫歌[マツシタヒメカ]
1968年兵庫県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)、臨床心理士。現在、京都大学大学院教育学研究科准教授。専攻は臨床心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

自己・身体・外界の体験からリアルさが失われる離人感の奥に、逆説的に、新たな潜在的主体がうごめいている――。離人感それ自体を個々人が体験している心的リアリティと捉え、独自の心理尺度や風景構成法を用いた研究を通じて、一人ひとりのクライエントの心が生きている次元に迫る新たな視座を提示する。主体性や社会性をめぐる現代のさまざまな心理社会的問題にアプローチするための新たなパースペクティヴを構築する試み。