アドラー心理学を語る<br> 劣等感と人間関係―アドラー心理学を語る〈3〉

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

アドラー心理学を語る
劣等感と人間関係―アドラー心理学を語る〈3〉

  • 野田 俊作【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 創元社(2017/02発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 168p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422116334
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0311

出版社内容情報

日本におけるアドラー心理学のパイオニアがわかりやすく語りかける実践講座。劣等感から脱し健康な人間関係を築くための方法を説く。日本におけるアドラー心理学のパイオニアにして第一人者が、やさしく語りかける実践講座。「健康な心とは」「性格や知能は遺伝か」「不適切なライフスタイルとは」など、劣等感から脱し、健康なパーソナリティーになって、良好な人間関係を築くための具体的な方法を説く。アドラーの教えを実践・指導し、多くの後継者に伝えてきた極意に触れる全4巻シリーズの第3巻。巻末に岸見一郎氏(哲学者)の寄稿を収載。

はじめに

第1章 健康なパーソナリティー
1.精神的に健康な人とは
感情と精神的健康の関係
感情には「目的」がある
2.健康なパーソナリティーの条件
自分を受け入れていること
世界を信頼していること
貢献感を持っていること
誠実であること
共同体感覚を持っていること
Q&A
3.健康なパーソナリティーになる方法
悩むのは自分を正当化しているだけ

第2章 パーソナリティーの形成
4.性格はどのようにしてつくられるか
ライフスタイルを決めるのは自分自身
5.ライフスタイルに影響を与える因子
環境による影響
家族の価値の影響
家族の雰囲気の影響
文化による影響
6.不適切なライフスタイル
不適切なライフスタイルのパターン
Q&A

第3章 よい人間関係をつくる
7.人間の行動にはすべて目的がある
人は自分の行動の目的を意識できない
感情は目的達成の道具
縦の人間関係から横の人間関係へ
8.横の人間関係の特徴
相手を尊敬すること
相手を信頼すること
協力できること
共感すること
理性的に問題を解決すること
主張的であること
平等であること
寛容であること
9.権利の主張と責任のとり方
失敗したときの責任のとり方
Q&A

おわりに
寄稿 野田先生と私 岸見一郎
索引

野田 俊作[ノダ シュンサク]
1948年生まれ。大阪大学医学部卒。シカゴ・アルフレッド・アドラー研究所留学、神戸家庭裁判所医務室技官勤務の後、新大阪駅前にて相談施設(アドラーギルド)開業。日本アドラー心理学会認定指導者、初代日本アドラー心理学会会長。著書『クラスはよみがえる』、訳書『アドラーの思い出』(いずれも創元社)など。

内容説明

日本におけるアドラー心理学のパイオニアがやさしく語る実践講座。「健康な心とは」「性格や知能は遺伝か」など、劣等感から脱し健康な人間関係を築くための方法を説く。アドラーの教えの極意に触れる全4巻シリーズの第3巻。巻末に岸見一郎氏の寄稿を収載。

目次

第1章 健康なパーソナリティー(精神的に健康な人とは;健康なパーソナリティーの条件;健康なパーソナリティーになる方法)
第2章 パーソナリティーの形成(性格はどのようにしてつくられるか;ライフスタイルに影響を与える因子;不適切なライフスタイル)
第3章 よい人間関係をつくる(人間の行動にはすべて目的がある;横の人間関係の特徴;権利の主張と責任のとり方)

著者等紹介

野田俊作[ノダシュンサク]
1948年生まれ。大阪大学医学部卒。シカゴ・アルフレッド・アドラー研究所留学、神戸家庭裁判所医務室技官勤務の後、新大阪駅前にて相談施設(アドラーギルド)開業。日本アドラー心理学会認定指導者、初代日本アドラー心理学会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

19
「アドラー心理学を語る」の第3巻が「劣等感と人間関係」だ。健康なパーソナリティーを形成し共同体感覚をもって生活できれば、人類はもっと幸福感に包まれ明るい未来をつくることができる。というのが結論だろうか。能力よりも、周囲の人とどのような関係を築いていくかということが大切だ。尊敬、信頼、共感といった言葉がスッと胸に入ってきて分かりやすい。アドラーは晩年、教育を重視していたそうだ。人類の未来を思ってのことだろう。同僚にも勧めたい。2017/12/24

ゆき

6
最後に岸見さんのコメント付き。 febeにて、アドラーのコアなところをぐるぐるとくりかえす。 耳から入ると、なんだか喫茶店でとなりのおじさんが話しているかのような錯覚に陥る。2017/11/14

2h35min

3
この人のアドラー心理学は、わかりやすくて、入りやすい。2020/06/26

m−

3
このシリーズは、今まで読んだ本の中でも5本の指に入ります。何度も読み返したいです。2018/07/22

2h35min

2
3回め。2020/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11468603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。