統計嫌いのための心理統計の本―統計のキホンと統計手法の選び方

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり

統計嫌いのための心理統計の本―統計のキホンと統計手法の選び方

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422116259
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C3011

内容説明

自分で統計手法を選べるようになろう!100点以上の図版を駆使した説明で、統計に詳しい人を頼るために必要な最低限の知識と統計の全体像がつかめる画期的入門書。

目次

第1部 統計が得意な人を頼るには(統計が得意な人を頼るには;統計手法を選ぶ上で知っておくべき用語;尺度水準と代表値・散布度;統計手法を選択するための視点;統計手法の簡単な解説と研究例)
第2部 心理学でよく用いられる統計手法(主要な統計手法を理解する上で知っておくべき用語;統計の種類と統計的仮説検定の考え方;t検定;分散分析;x2検定;ピアソンの積率相関係数)

著者紹介

白井祐浩[シライマサヒロ]
1979年生まれ。九州産業大学大学院国際文化研究科博士後期課程修了。博士(文学)、臨床心理士。専門は臨床心理学、スクールカウンセリング。現在、志學館大学人間関係学部講師。また、スクールカウンセラーとして臨床実践を重ねるとともに、セラピストの訓練として「セラピスト・センタード・トレーニング」を提唱し、実践している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

図版を多数駆使した説明で、統計に詳しい人を頼るために必要な、最低限の知識と統計の全体像がつかめる、画期的入門書。統計や数式が大嫌い、でも統計を使った研究がしたい……そんなアナタ、できる人を頼ればいいんです! 100点以上の図版を駆使した説明で、統計に詳しい人を頼るために必要な最低限の知識と統計の全体像がつかめる画期的入門書。基本的な統計用語を網羅しており、辞書代わりに使えるほか、心理学での研究例も豊富に掲載している。わずかなステップで自分の研究目的に合った統計手法を選択できる「統計手法選択フローチャート」付き。

目次

はじめに――統計における3つの理解

第I部 統計が得意な人を頼るには
 第1章 統計が得意な人を頼るには
 第2章 統計手法を選ぶ上で知っておくべき用語
 第3章 尺度水準と代表値・散布度
 第4章 統計手法を選択するための視点
 第5章 統計手法の簡単な解説と研究例

第II部 心理学でよく用いられる統計手法
 第6章 主要な統計手法を理解する上で知っておくべき用語
 第7章 統計の種類と統計的仮説検定の考え方
 第8章 t検定
 第9章 分散分析
 第10章 カイ二乗検定
 第11章 ピアソンの積率相関係数

付録――統計手法チェック表
文献紹介1――統計の解説書
文献紹介2――統計ソフトの解説書
索引
おわりに

Column 1 量的研究と質的研究
Column 2 分散と標準偏差
Column 3 心理現象は順序尺度? 間隔尺度?
Column 4 関係と違いを区別する方法
Column 5 等しいことを言いたい時は?
Column 6 対応のないt検定と対応のあるt検定
Column 7 統計研究は客観的か?(1)――解釈における主観性
Column 8 統計研究は客観的か?(2)――なぜ有意水準は5%なのか
Column 9 分散分析とカイ二乗検定でわかることの違い
Column 10 直線関係と共分散――なぜ直線関係で共分散が最大になるのか

白井 祐浩[シライ マサヒロ]
白井祐浩(しらい・まさひろ)
1979年生まれ。九州産業大学大学院国際文化研究科博士後期課程修了。博士(文学)、臨床心理士。専門は臨床心理学、スクールカウンセリング。現在、志學館大学人間関係学部講師。また、スクールカウンセラーとして臨床実践を重ねるとともに、セラピストの訓練として「セラピスト・センタード・トレーニング」を提唱し、実践している。
主要著訳書
『じぶん&こころ 学ぶBOOK』(分担執筆,培風館,2014年)
『「自分らしさ」を認めるPCAグループ入門――新しいエンカウンターグループ法』(分担執筆,創元社,2014年)
『心理臨床の学び方――鉱脈を探す、体験を深める』(分担執筆,創元社,2015年)
『心理学をまじめに考える方法――真実を見抜く批判的思考』(分担訳,誠信書房,2016年)
『被災者支援のくらしづくり・まちづくり――仮設住宅で健康に生きる』(分担執筆,古今書院,2016年)