ストレス学ハンドブック

個数:
電子版価格 ¥5,400
  • 電書あり

ストレス学ハンドブック

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 537p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422115856
  • NDC分類 493.49
  • Cコード C3011

内容説明

入門書より詳しく、事典よりコンパクトに。本邦初、待望の中規模ハンドブック。ストレスの発生メカニズムから測定・評価の方法、医学的・心理学的対応や環境調整による対応、そして自殺やうつ病などストレスが関わるさまざまな具体的問題まで体系的に網羅。第一線で活躍する研究者・医師総勢45人が基本的な知識から最新の研究成果までわかりやすく、丁寧に解説する。

目次

第1部 ストレスとは何か(ストレスの概念と研究の歴史;ストレスのメカニズムとプロセス)
第2部 ストレス理論と測定(ストレス測定法;さまざまなストレス評価尺度)
第3部 ストレス臨床の実際(医学的対応;心理学的対応 ほか)
第4部 現代社会におけるストレス問題の解明と対策(自殺とストレス;現代型うつ病とストレス ほか)
第5部 トピックス(エビデンスに基づいたストレス対策;職場ストレス対策の一次予防戦略 ほか)

著者紹介

丸山総一郎[マルヤマソウイチロウ]
大阪大学医学部医学科卒業。医学博士。精神科医。専門はストレス科学、産業精神医学。大阪大学医学部講師・助教授を経て、神戸親和女子大学教授・同大学院文学研究科教授。日本産業ストレス学会常任理事、日本産業精神保健学会常任理事、日本ストレス学会評議員、第18回日本産業ストレス学会会長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ストレスに関する基本的な知識から最新の研究成果までを体系的に網羅した待望の一冊。初学者・実務家・研究者必携のレファレンス。

ストレスに関する基本的な知識から最新の研究成果までを体系的に網羅した待望のハンドブック。ストレスの発生メカニズム、測定・評価の方法、医学的・心理学的対応や環境調整による対応、そして自殺やうつ病などストレスが関わるさまざまな問題について、第一線で活躍する研究者・医師総勢45人がわかりやすく、丁寧に解説する。ストレスについて学びたい初学者から実務家、最新動向をフォローしたい研究者まで、必携のレファレンス。

目次

はじめに

第I部 ストレスとは何か
1 ストレスの概念と研究の歴史
2 ストレスのメカニズムとプロセス
  2-1 生物学的側面(1):生化学からの接近
  2-2 生物学的側面(2):生理学からの接近
  2-3 心理学的側面

第II部 ストレス理論と測定
1 ストレス測定法
  1-1 生物学的ストレス指標と測定
  1-2 心理学的ストレスの理論モデルと測定
2 さまざまなストレス評価尺度

第III部 ストレス臨床の実際
1 医学的対応
  1-1 ストレスの診断と治療
  1-2 ストレスの脳科学的評価
2 心理学的対応
  2-1 精神分析の理論と臨床応用
  2-2 認知行動療法の理論と臨床応用
  2-3 コーピングの理論と応用
3 環境調整

第IV部 現代社会におけるストレス問題の解明と対策
1 自殺とストレス
2 現代型うつ病とストレス
3 社交不安障害とストレス
4 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とトラウマ
5 摂食障害とストレス
6 アルコール使用障害とストレス
7 認知症とストレス
8 不眠とストレス
9 心理社会的ストレスと心血管疾患
10 消化器疾患とストレス
11 リウマチ性疾患とストレス
12 乳幼児養育と育児ストレス
13 発達障害とストレス
14 児童虐待とストレス
15 不登校・ひきこもりとストレス
16 学力低下と学習ストレス
17 離婚とストレス
18 高齢社会と介護ストレス
19 終末期および死別の支援とストレス
20 犯罪被害とストレス
21 情報危機とテクノストレス
22 精神障害の労災認定と職場ストレス
23 非正規雇用とストレス
24 セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントとストレス

第V部 トピックス
1 エビデンスに基づいたストレス対策
2 職場ストレス対策の一次予防戦略
3 ワーク・エンゲイジメントと個人・組織の活性化
4 東日本大震災とストレス

人名索引
事項索引

【著者紹介】
丸山総一郎(まるやま・そういちろう)大阪大学医学部医学科卒業。医学博士・精神科医。専門はストレス科学、産業精神医学。大阪大学医学部講師・助教授を経て、現在、神戸親和女子大学教授・同大学院文学研究科教授。日本産業ストレス学会常任理事、日本産業精神保健学会常任理事、日本ストレス学会評議員、第18回日本産業ストレス学会会長などを務める。主著『産業ストレスとメンタルヘルス』(共編著、中央労働災害防止協会)、『リスクマネジメントとしてのメンタルヘルス対策』(共著、産業医学振興財団)、『産業精神保健マニュアル』(共著、中山書店)、『非正規雇用と労働者の健康』(共著、労働科学研究所)、『Quality of Life:医療新次元の創造』(共著、メディカルレビュー社)、『ストレス百科事典』(分担訳、丸善、全5巻)など。