フォーカシングはみんなのもの―コミュニティが元気になる31の方法

個数:

フォーカシングはみんなのもの―コミュニティが元気になる31の方法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 147p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784422115672
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C1011

内容説明

こころやからだの感覚と向き合うことで、みずからの可能性に気づき、人とつながり、豊かな社会を目指すための、創意工夫がこらされたワークをコンパクトに紹介。レシピ本をめくって「いま食べたい料理」を見つけて作りだすように、フォーカシングをさまざまなシーンで使うためのヒントが満載!ジェンドリン“社会で実際に役立つためのVision Statement for Focusing”収録。

目次

第1章 しっかりとここにいる
第2章 表現
第3章 ひととのかかわり
第4章 いろんなことにフォーカシング
第5章 実践:人生のそれぞれの場面で
第6章 フォーカシングを世界に生かす―コミュニティが元気になるために

著者紹介

村山正治[ムラヤマショウジ]
1934年、東京生まれ。1963年、京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。教育学博士。九州大学教授、九州国際大学教授、関西大学客員教授などを経て、東亜大学大学院総合学術研究科臨床心理学専攻教授・専攻主任。九州大学名誉教授。臨床心理士。フォーカシング研究所認定Focusing Coordinator

日笠摩子[ヒカサマコ]
1978年、東京大学文学部卒業。1985年、東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。1991年、二松学舎大学専任講師(兼学生相談室カウンセラー)。現在、大正大学人間学部教授。臨床心理士、CC

堀尾直美[ホリオナオミ]
1984年、日本女子大学家政学部卒業。1992年、日本女子大学文学部卒業。1996年、日本女子大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程前期修了。現在、株式会社日本・精神技術研究所フォーカシングコース・個別指導講師。横浜市ファミリーサポートクラスカウンセラー。桜美林大学大学院非常勤講師、東京都立北多摩看護専門学校講師。臨床心理士、TR

小坂淑子[コサカヨシコ]
2001年、慶応義塾大学経済学部卒業。2005年、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2009年、東京成徳大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻修士課程修了。現在、東京フォーカシング指向心理療法研究会。臨床心理士。TNT

高瀬健一[タカセケンイチ]
1999年、東京理科大学理工学部卒業。2006年、法政大学大学院人間社会研究科臨床心理学専攻修士課程修了。現在、東京フォーカシング指向心理療法研究会。臨床心理士。TNT(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本で30年以上の歴史があるフォーカシング。コミュニケーションを通した「心の気づき」を目指して、工夫されたワークを紹介する。

ジェンドリンが発見し、日本で30年以上の歴史があるフォーカシング。近年は地域社会の必要に応え、人と人とのコミュニケーションを通した豊かな「心の気づき」を目指して、工夫された楽しいワークが実践されている。本書では、心理援助、教育、福祉といった心の交流の現場で生まれたワークを、コンパクトにたくさん紹介。フォーカシングを様々な領域に適用させたい時、相互に学ぶきっかけ、発展させるヒントとなるリソース本。

刊行によせて
はじめに

第1章 しっかりとここにいる
  公園のベンチ――描画によるCAS
  ポージング――William Hernandez "Teaching the pause"より
  フォーカシングとマインドフルネス瞑想
  グラウンディド・プレゼンス

第2章 表現
 1.フェルトセンスの表現
  感情とニーズのポーカー――NVCの教え方を利用してフォーカシングを教える
  こころの天気(小学校での実践)
  こころの天気(大学での実践)
  KOL-BE(コルビー)――ことばにならないものを表すために
 2.創造
  アートのことば
 体験過程流コラージュワーク
 言葉の種探し――フォーカシングからの詩作り

第3章 ひととのかかわり
 1.リスニング
  トラスト・ワーク――ことばを使わない傾聴訓練
  悪魔のリスニング・天使のリスニング
  3つの椅子の実習
  話し手に教えてもらう方法
 2.人と人の交流
  インタラクティブ・フォーカシング
  インタラクティブ・フォーカシングを行う――フォーカシング・コミュニティ・グループ
  フォーカシング・サンガ
 3.人についてのフォーカシング
  私・あなた・関係のフェルトセンシング
  人との関係についてのフォーカシング

第4章 いろんなことにフォーカシング
 1.ことばの刺激で
  なぞかけフォーカシング
  漢字フォーカシング
  連詩を楽しもう!――就活連詩・仕事連詩のグループワーク
 2.気づきの外から
  夢フォーカシング/小グループ夢フォーカシング
  内観フォーカシング
  ポジティブ心理学とフォーカシングの交差
  アートをフォーカシングする――絵はがきを利用して

第5章 実践:人生のそれぞれの場面で
  キャリアデザイン――「人生の色」ワーク
  からだほぐしとフォーカシング
  ホッとできる子育て親育ち――4回シリーズの親向け講座
  フォーカシング指向PCAGIP――学校現場での実践から

第6章 フォーカシングを世界に生かす――コミュニティが元気になるために
  アフガニスタンの教師のための文化に即した心理社会的トレーニングの開発
  ビジョン・ステートメント:フォーカシングの今後の方向性――アクションステップとプロジェクト Vision Statement for Focusing―Action Steps and Projects

索引

【著者紹介】
1963年京都大学大学院教育学研究科博士課程修了、現在東亜大学大学院臨床心理学専攻教授。九州大学名誉教授。著書『ロジャースをめぐって――臨床を生きる発想と方法』(金剛出版)ほか多数、論文「PCAグループの現状と今後の展望」ほか多数。