心理臨床のフロンティア―若手臨床家の多様な実践と成長

個数:

心理臨床のフロンティア―若手臨床家の多様な実践と成長

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月19日 00時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422115269
  • NDC分類 146
  • Cコード C3011

内容説明

拓かれゆく活動領域で求められる“多様性”と“創造性”。心理臨床家は実践・研究を積み重ねるなかで、どのように成長していくのだろうか。多様なフィールドと、そのなかでクリエイティブな活動を展開している若手・中堅の心理士の姿を紹介する。

目次

第1部 グループ・アプローチ(教育の現場にて;医療・福祉の現場にて;外国人就学生のサポート・グループ)
第2部 心理臨床活動の多様性(教育の現場にて;医療・福祉の現場にて;心理アセスメント;地域援助)
第3部 心理臨床家としての成長(現場からの学び;ファシリテーター・トレーニング;臨床実践と研究;セラピストおよびファシリテーターの成長)

著者紹介

野島一彦[ノジマカズヒコ]
1947年、熊本県生まれ。九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後退学。博士(教育心理学)。臨床心理士。福岡大学人文学部教授、九州大学教育学部附属発達臨床心理センター教授などを経て、国立大学法人九州大学大学院人間環境学研究院教授。2006年~2008年、国立大学法人九州大学教育学部長。2003年、日本カウンセリング学会「育てるカウンセリング國分記念賞」受賞

吉岡久美子[ヨシオカクミコ]
九州大学大学院人間環境学研究科人間共生システム専攻博士後期課程修了。博士(人間環境学)。臨床心理士。福岡大学人文学部准教授。平成17年度「日本カウンセリング学会奨励賞」受賞

本山智敬[モトヤマトモノリ]
九州大学大学院人間環境学府人間共生システム専攻博士後期課程単位取得後退学。臨床心理士。福岡大学人文学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

パーソンセンタード・アプローチを足場としながら後進の指導にあたってきた野島一彦の、九州大学での仕事を総決算する記念書籍。

本書は、パーソンセンタード・アプローチを足場としながらも、おのおのの心理援助家の個性と創意工夫を大切にしながら後進の指導にあたってきた監修者野島一彦の、九州大学での仕事を総決算する記念書籍。薫陶を受けた臨床家が寄せた論文は、臨床活動をもとに執筆され《実践と研究の先導的発信基地》としての営みを意識して編集された。ますます広がる心理臨床のフィールドで、若手実践家がどう育ちゆくか、その未来を見すえて……。


第?T部 グループ・アプローチ
 第一章 教育の現場にて
 第二章 医療の現場にて
 第三章 外国人就学生のサポート・グループ

第?U部 心理臨床活動の多様性
 第一章 教育の現場にて
 第二章 医療・福祉の現場にて
 第三章 心理アセスメント
 第四章 地域援助

第?V部 心理臨床家としての成長
 第一章 現場からの学び
 第二章 ファシリテーター・トレーニング
 第三章 臨床実践と研究
 第四章 セラピストおよびファシリテーターの成長

あとがき

【著者紹介】
1947年熊本県生まれ。九州大学大学院教育学部研究科博士課程単位取得後退学。博士(教育心理学;九州大学)。臨床心理士。福岡大学人文学部教授、九州大学教育学部附属発達臨床心理センター教授などを経て、現在、国立大学法人九州大学大学院人間環境学研究院教授。2006年~2008年国立大学法人九州大学教育学部長。2003年日本カウンセリング学会「育てるカウンセリング國分記念賞」受賞。主著に「エンカウンター・グループ」(共著, 1977, 福村出版)、「エンカウンター・グループから学ぶ」(共編著, 1991年, 九州大学出版会)、 「構成的グループ・エンカウンター」(共著, 1992年, 誠信書房)、「臨床心理学への招待」(編著, 1995年, ミネルヴァ書房)、「エンカウンター・グループのファシリテーション」(単著, 2000年, ナカニシヤ出版)、「HIVと心理臨床」(共編著, 2002年, ナカニシヤ出版)、「パーソンセンタード・アプローチの挑戦」(共著, 2011年, 創元社)。