さまよえる狂気―精神学からの提言

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

さまよえる狂気―精神学からの提言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422115221
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3011

出版社内容情報

人間の物語性を、おとぎ話やマンガ、TVドラマや映画から取材、正気と狂気の境を縦横にさまよいめぐる、深奥の力作。

心理学は内面と外とのズレから、精神医学は脳と行動の異常から「狂い」を探るが、本書では「狂うこと」の本質を、人が人たる所以に見て、迷路から逃れ出ることのできぬ様を真正面からとらえようと試みる。《精神学》と銘打った全く新しいアプローチは、人間の物語性を、おとぎ話やマンガ、TVドラマや映画から取材して、正気と狂気の境を縦横にさまよい巡る。なかでも《異形の英雄》論はユング派の著者「構想十年」の深奥の力作!

まえがき
序章 抱きかかえられた狂気
第一章 「なぜ」への問い
第二章 「狂気」への問い
第三章 「客観」の存在不可能性
第四章 神格からの脱却――人間はすべて「ボーダー」であり「ボーダー」にある
第五章 迷路をさまよう者たちへ――ハエとり器からの脱出のために
終章 精神医学から精神学へ
あとがき

【著者紹介】
1985年 高知医科大学卒業、医学博士。1996年 チューリッヒ・ユング研究所卒業、国際ユング派分析家資格。2004年 河合隼雄賞(日本箱庭療法学会)受賞。京都文教大学臨床心理学部教授、同大学人間学研究所所長。精神科医、臨床心理士、日本ユング心理学会常任理事。 著書に「さまざまな人格障害――そして境界例をめぐって」『レクチャー精神科診断学』共著〔新曜社, 2007年〕所収などがある。

目次

序章 抱きかかえられた狂気
第1章 「なぜ」への問い
第2章 「狂気」への問い
第3章 「客観」の存在不可能性
第4章 神格からの脱却―人間はすべて「ボーダー」であり「ボーダー」にある
第5章 迷路をさまよう者たちへ―ハエとり器からの脱出のために
終章 精神医学から精神学へ

著者等紹介

秋田巌[アキタイワオ]
1957年高知県生まれ。1985年高知医科大学卒業、医学博士。1996年チューリッヒ・ユング研究所卒業、国際ユング派分析家資格取得。2004年河合隼雄賞(日本箱庭療法学会)受賞。京都文教大学臨床心理学部教授、同大学人間学研究所所長。精神科医、臨床心理士、日本ユング心理学研究所理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒデミン@もも

31
自我のコントロールが失われる時。2016/08/14

彩灯尋

3
専門の知識0で読み始めてしまったのでとても難しかった。人格障害は時に人格障害状態ということもありうる。自分の強い思い込みによって引き出されている場合もあるので「状態」だだったりするのか…精神的なものであるために、その判断が難しそう。精神は神などの宗教的なものにも絡んでくるために、いろんな方向への多大な知識が必要であり、今の私には到底理解できそうにない。もっと知識がほしい、と切実に思わされる本だった。2015/07/21

きりさめ

1
文章そのものの美しさに惹きこまれた。精神医学の専門用語がちょくちょく出てきて意味が汲み取れないところもあったけれどさまざまなジャンルの作品(そのなかでも映画『ゴールデンスランバー』が出てきたのがとても嬉しい)で例に挙げて説明されていたので楽しく読めた。「狂気」はどこへ向かえば良いのか、最後に記された著者の解答は現実的なのかわからないがとにかく好きだ。2016/04/24

とりこし

1
いろいろな書籍の例え話や著者本人の源体験とそれを踏まえた考えなどが読みやすい。というより、好きな文体でよかった。 専門用語もある程度分かりやすく書いてあって分かりやすかった。言い回しが好き。2013/09/15

ミテイナリコ

1
ちょっと難しいかな。 医学ではなく、精神学。 様々で、いいと思うんだよ、個性のひとつとして。2013/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4519827

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。