ユング心理学研究<br> 海の彼方より訪れしものたち

個数:

ユング心理学研究
海の彼方より訪れしものたち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 182p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422114996
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3311

出版社内容情報

日本人にとって「海」や「境界」はどのようなものとしてイメージされてきたのか、赤坂憲雄氏が東日本大震災の被災地を歩きながら思索をめぐらせたことについて、民話や神話などからも豊かに事例を引きながら語ったシンポジウムの記録のほか、日本ユング心理学会(JAJP)設立時理事長の川戸圓氏が自身の歩みを振り返りながらこれからの日本のユング心理学が学ぶべきことについて論じた講演録「私のユング心理学」などを収録。


【目次】

はじめに――ユング心理学の現代的意義  川嵜克哲

シンポジウム

●基調講演「海の彼方より訪れしものたち」  赤坂憲雄
 被災地を歩きながら考えてきたこと
  東日本大震災の被災地の風景/泥の海/潟化する世界/二つの墓/生と死を織りなす風景
 海の彼方からやって来るもの
  無意識を象徴する海/海から寄り来るもの/二つの海
 日本人と海のイメージ
  日本人と航海技術/日本人と太平洋/海と山の間/ユングと沖縄の津波伝承/私たちが問われていること
●討論――基調講演を受けて  指定討論者 川戸 圓・河合俊雄
 大いなる母なる水
  海と山に違いはあるのか/川を通じた循環/穢れを流す川の神様/命を生み出し、奪うもの
 日本人の心と境界
  境界線とは何か/境界がない日本人
 今後の日本人の心のあり方
  山と海の捉え方の違い/ゴジラが表しているもの/これから向き合っていかなければならないこと/海の向こうに想像力を/太陽の象徴/排除された男性の太陽神

講演録
●分析という場――対人的および元型的側面   ジョセフ・ケンブレイ
●私のユング心理学――心理療法と普遍性にたどりつくこと  川戸 圓

論 文
研究論文
●宮沢賢治の『文語詩稿五十篇』――定型をめぐって  奥田智香子
●「梁塵秘抄」から受け継ぐ今様歌謡の力――やわらかな自我の態度  鈴木志乃
●日本神話における二つのシャーマニズムと霊魂観――米という象徴からみた精神療法  深津尚史

印象記
●国際分析心理学会(IAAP)第20回大会印象記  足立正道
●国際分析心理学会(IAAP)第20回大会印象記  西牧万佐子
●日本ユング心理学会第5回大会印象記  西垣紀子

文献案内
●精神医学に関するユング心理学の基礎文献  前田 正
●海外文献  小木曽由佳
●ある女性治療者の仕事――映画評「ニーゼと光のアトリエ」  豊田園子

日本ユング心理学会 機関誌投稿規定(2015年9月30日改訂)

目次

シンポジウム(基調講演「海の彼方より訪れしものたち」;討論―基調講演を受けて)
講演録(分析という場―対人的および元型的側面;私のユング心理学―心理療法と普遍性にたどりつくこと)
論文(宮沢賢治の『文語詩稿五十篇』―定型をめぐって;「梁塵秘抄」から受け継ぐ今様歌謡の力―やわらかな自我の態度;日本神話における二つのシャーマニズムと霊魂観―米という象徴からみた精神療法)
印象記
文献案内

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Gotoran

42
ユング心理学研究、第9巻。第5回日本ユング心理学大会の赤坂憲雄氏の基調講演『海の彼方より訪れしものたち』(東日本大震災の被災地を歩き、感じ考えたこと、日本人と海のイメージ、ユングと沖縄の津波伝承)、それを受けての川戸圓氏と河合俊雄氏による討論(今後の日本人の心のあり方、山と海の捉え方の違い、ゴジラが表しているもの、他)。講演録:ジョセフ・ケンブレイ氏の「分析という場」、川戸氏の「私のユング心理学』、他に、3編の研究論文、印象記と文献案内を収録。赤坂氏基調講演と川戸氏の講演録に興味深々。2019/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12001810

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。