花園大学発達障害セミナー<br> 発達障害支援の可能性―こころとこころの結び目

個数:

花園大学発達障害セミナー
発達障害支援の可能性―こころとこころの結び目

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422114545
  • NDC分類 378

内容説明

こころの織り合わせから共に生きる「かかわりの結び目」へ…多様な「発達障害」観をふまえて未来にひらかれた支援と共生の道をさぐる。

目次

第1講 これからの発達障害を考える(取り組みと問題点;精神発達とは何か ほか)
第2講 LDの明日を語る―発達障害と特別支援教育のなかで(LD概念の登場;わが国の特別支援教育 ほか)
第3講 共に生きるための関係発達臨床―「子どもは育てられて育つ」という素朴な考え方に立ち還って(新しい発達論の構築に向けて;子どもの心の育ちに定位する ほか)
第4講 発達障害児の見立てと支援について―心理アセスメントと支援のポイント(適切な見立てのための検査バッテリーについて;心理検査実施時の留意点について ほか)
第5講 発達障害児の心理アセスメント―脳機能との関連について(成人の脳機能および高次脳機能障害;発達障害に関連する近年の脳機能研究 ほか)

著者紹介

橋本和明[ハシモトカズアキ]
名古屋大学教育学部卒業。家庭裁判所調査官として、名古屋・大津・福岡・大阪・静岡・和歌山の家庭裁判所を歴任し、大阪家庭裁判所主任家庭裁判所調査官を経て、花園大学社会福祉学部臨床心理学科教授。同大学心理カウンセリング副センター長。臨床心理士

滝川一廣[タキカワカズヒロ]
児童精神科医。学習院大学文学部教授

上野一彦[ウエノカズヒコ]
東京学芸大学名誉教授、大学入試センター特任教授。日本LD学会理事長、特別支援教育士資格認定協会副理事長、日本英語検定協会理事など

鯨岡峻[クジラオカタカシ]
中京大学心理学部教授

大島吉晴[オオシマヨシハル]
臨床心理士。京都府立心身障害者福祉センター、京都府立向日が丘療育園、京都府立こども発達支援センターを経て、京都府立心身障害者福祉センターに勤務。発達障害児臨床、特別支援教育などに長年関わる。関西大学臨床心理士会顧問

小海宏之[コウミヒロユキ]
臨床心理士。花園大学社会福祉学部教授、同心理カウンセリングセンター長。専門は神経心理学的および臨床心理学的アセスメントである(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

発達障害へのさまざまな取り組みを語った講演をベースにした、好評シリーズ最終巻。発達障害への取り組みの「明日」を語ります。

発達障害へのアプローチはたいへん多様で、色々な考え方にそれぞれの関わり方が伴ってきます。そしてそれらの背景には、人間観や社会観もからんで、とても奥深いものです。本書は、こうした多様性を盛り込んだ講演を編纂した好評シリーズの最終巻となります。そこで、総まとめとして「これまでの支援と共生の試みを次の社会にどう活かしていくか」という視点で、視野を広げて、発達障害への取り組みの「明日」を語ります。

はじめに

第一講 これからの発達障害を考える (滝川 一廣)
第二講 LDの明日を語る
      ――発達障害と特別支援教育のなかで (上野 一彦)
第三講 共に生きるための関係発達臨床
      ――「子どもは育てられて育つ」という素朴な考え方に立ち還って 
      (鯨岡 峻)
第四講 発達障害児の見立てと支援について
      ――心理アセスメントと支援のポイント (大島 吉晴)
第五講 発達障害児の心理アセスメント
      ――脳機能との関連について (小海 宏之)