収納イメージ法―心におさめる心理療法

個数:

収納イメージ法―心におさめる心理療法

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422114255
  • NDC分類 146.8

目次

第1部 収納イメージ法の概要と特徴(収納イメージ法の概要;収納イメージ法の特徴―その安全性を中心に)
第2部 収納イメージ法におけるクライエントの体験とカウンセラーの役割(自己支持としての収納イメージ法;収納イメージ法における両義性と逆説性;収納イメージ法の応用―呼吸に焦点をあてた治療的アプローチ)
第3部 直接的アプローチという観点からみた収納イメージ法(直接的アプローチの治療的意義;「じょうずな防衛」としての収納イメージ法;収納イメージ法と因果論;心理療法におけるカウンセラーの位置と役割)
第4部 収納イメージ法からみた心理療法(「心理療法とは何か」をめぐる試論)

著者紹介

徳田完二[トクダカンジ]
1954年島根県生まれ。1979年京都大学教育学部卒業。1984年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。臨床心理学専攻。広島大学助手、北海道教育大学講師、助教授、北海道浅井学園大学教授を経て、2005年より立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

収納イメージ法とは心理的問題にまつわるクライエントの不安や気がかりな「感じ」を、心の中に「おさめる」イメージを用いて軽減する心理療法の一つ。これは臨床家の増井武士が創案したもので、著者は長年の臨床経験の中での実践からこの手法を「収納イメージ法」と名付け、その概要や特徴、有用性や事例をまとめた。心におさめる過程でクライエントとカウンセラーに起こる“動き”を細やかに記す。増井武士による序文。

第1部 収納イメージ法の概要と特徴
 第1章 収納イメージ法の概要
 第2章 収納イメージ法の特徴

第2部 収納イメージ法におけるクライエントの体験とカウンセラーの役割
 第3章 自己支持としての収納イメージ法
 第4章 収納イメージ法における両義性と逆説性
 第5章 収納イメージ法の応用

第3部 直接的アプローチという観点からみた収納イメージ法
 第6章 直接的アプローチの治療的意義
 第7章 「じょうずな防衛」としての収納イメージ法
 第8章 収納イメージ法と因果論
 第9章 心理療法におけるカウンセラーの位置と役割

第4部 収納イメージ法からみた心理療法
 第10章 「心理療法とは何か」をめぐる試論

著者紹介:
徳田完二(トクダカンジ)
1954 年島根県生まれ。1979 年京都大学教育学部卒業。1984 年京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中。臨床心理学専攻。広島大学助手、北海道教育大学講師、助教授、北海道浅井学園大学教授を経て、2005 年より立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。博士(教育学)。著書に『臨床心理学(第5 巻)』(創元社、分担執筆)、『学生相談と心理臨床』(金子書房、分担執筆)、『心理療法とイメージ』(岩波書店、分担執筆)、『青年期の課題と支援』(新曜社、分担執筆)など。