教育分析の実際―家族関係を問い直す男性の事例

個数:
電子版価格 ¥3,630
  • 電書あり

教育分析の実際―家族関係を問い直す男性の事例

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月27日 12時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422113999
  • NDC分類 371.43
  • Cコード C3011

内容説明

心理臨床の第一人者である著者が一人のクライエントに行った20回に及ぶ教育分析の全場面を克明に再現。詳細な逐語録である本書は、カウンセリングが辿る過程や意味、危険性や転移―逆転移の様相までを鮮明に浮き彫りにする。面接の中でクライエントの意識はどのように変容していくのか?コミュニケーションのとり方や沈黙の処理の方法など、臨床心理士やカウンセラーを目指す人すべてに役立つ貴重な記録資料。『教育カウンセリングの実際』(1992年刊)を一部加筆修正、冒険的試みの全過程が待望の復刊。

目次

第1章 教育分析の諸相(ケース・プレゼンテーションとラーニング・グループ;受容・純粋性・感受性;カウンセリングの理論と方法)
第2章 教育分析の実際(「ときどき感情が爆発します」;「脳ミソの腐った猫がいるのです」;「父も母もどこか歪んでいます」 ほか)
第3章 教育分析の展開と考察(カウンセラーからの検討;クライエントからの検討―教育分析を受けて;観察者からの検討)

著者等紹介

東山紘久[ヒガシヤマヒロヒサ]
1942年大阪市に生まれる。1965年京都大学教育学部卒。京都大学副学長・理事、京都大学名誉教授、教育学博士、臨床心理士。専攻、臨床心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんどん

0
図書本。反抗期後どのように成長するのか知りたかった。反抗は自我が強く、エネルギーがある状態だとわかった。現実を変えたいのだなということもわかった。いろいろ自己分析に役立つ。聞く技術の著者でそのつながりで読んだ。2019/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/589031

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。