カウンセラーは何をするのか―その能動性と受動性

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり

カウンセラーは何をするのか―その能動性と受動性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 01時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 266p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422112718
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

出版社内容情報

【解説】
日本のカウンセリングの黎明期から、その成立と発展を支えてきたベテランカウンセラーが、みずからの臨床実践のなかから新たに見えてきた実践的臨床知を、若い臨床家たちに向けて書き下ろした力作。最近のカウンセラーに不足している能動性と見立ての力について、カウンセリングの効用と限界について、また「感情」「感覚」という二つの視点からのユニークな共感についての考察など、長年の臨床経験からしか語れない貴重な内容。

【目次】
はじめに

第一章 カウンセラーの能動性と受動性
 第一節 関係性について
  (1)母のまなざし (2)「二人いるから一人になれる」 (3)「クモ体験」
 第二節 ひたすら聴くこと
  (1)臨床動作法 (2)なぜ聴こうとするのかーロジァーズとシュヴィング (3)「聴き・返す」こと
 第三節 能動性の喪失 
  (1)カウンセラーの知的枠組み (2)「いま、ここ」のプロセス (3)「クライエントについてゆく」こと 
 第四節 受動性の喪失
  (1)カウンセラーは鏡ではない (2)カウンセラーの役割 (

目次

第1章 カウンセラーの能動性と受動性
第2章 見立て
第3章 カウンセリングの効用と限界
第4章 カウンセラーは何をするのか
第5章 感情的共感
第6章 感覚的共感

著者等紹介

氏原寛[ウジハラヒロシ]
1929年、大阪生まれ。1953年、京都大学文学部卒業。元、大阪市立大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ank

3
主治医が「自分は、あなたにとって鏡のような存在」と話したことがあり、鏡の意味を知りたくて読みました。子どもを見守る母親のような眼差しで患者を見、患者はカウンセラーを通して自分を見直すそうです。なるほどね。2018/01/23

たらこ

1
ややもするとカウンセラーが陥ってしまいがちな、「ロジャース的な」(あくまでも「的な」)受動的態度を一刀両断した本書。主にユングの理論を用いながら、自身の臨床経験と共に、カウンセラーの受動-能動性に言及。「意識の場」を仮定し、身体プロセス→感覚→感情→思考→現在の意識という順に働きかけがあるとした上で、感覚機能が受動性、感情機能が能動性に対応すると考えた。明瞭な語り口で読みやすく、良書。2011/08/23

さや

0
もう一度読み直す。2011/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/214222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。