人を動かす (改訂新装版)

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり
  • 動画あり

人を動かす (改訂新装版)

  • ウェブストアに321冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 352p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422100937
  • NDC分類 159
  • Cコード C0011

出版社内容情報



日本で唯一の公式本『人を動かす』が、1936年初版、1981年改訂版を経て、約40年ぶりに大改訂。人が生きていく上で身につけるべき「人間関係の30原則」を、丹念に集めた実話と、成人教育の現場で磨き上げた実践例を交え、説得力豊かに解き明かす。深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著にして歴史的ベストセラー。

内容説明

日本で唯一の公式本が大改訂。人が生きていく上で身につけるべき「人間関係の原則」を実例豊かに説き起こした不朽の書。

目次

1 人を動かす三原則(盗人にも五分の理を認める;重要感を持たせる ほか)
2 人に好かれる六原則(誠実な関心を寄せる;笑顔を忘れない ほか)
3 人を説得する十二原則(議論を避ける;誤りを指摘しない ほか)
4 人を変える九原則(まずほめる;遠まわしに注意を与える ほか)
付 幸福な家庭をつくる七原則(口やかましく言わない;長所を認める ほか)

著者等紹介

カーネギー,デール[カーネギー,デール] [Carnegie,Dale]
1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれる。大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソンなどさまざまな職業を経て、話し方講座を手はじめに成人教育の講師となり、人間関係の先覚者として名をなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

3
人を動かす要素を紹介するエピソードは面白いが内容は意外にもありきたりで目新しい要素はなかった。2023/11/05

コマツナーラ

0
気になっていた本だったが、オーディオブックであったので。(これも読書と言える?) 色々な「人を動かす」事柄があったが、実践してもこれほどうまくいくかなぁ…と思った。聴いた後、紙の旧新装版が安いことを知ったので買った。読み直して、共感できるものだけ少し使ってみようと思う。2024/04/14

たかひで

0
途中で飽きたりもしながら、数ヶ月かけて読み切った‥。 タイトルの通り、人を動かすためのエッセンスが書かれた本。主張に合わせて、その実例が事細かにたくさん記述されている。たくさんの登場人物がいるけれど、外国人ばかりで誰も知らないから読みにくさを感じるのかな。2024/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21450698
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。