自分が源泉―ビジネスリーダーの生き方が変わる

個数:

自分が源泉―ビジネスリーダーの生き方が変わる

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2024年05月23日 05時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422100807
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0034

内容説明

参加企業70業種・1000社を超える中小企業経営者研修“SEE”を主催し、企業と経営者を長年見守り続けてきた著者がヒューマングロウス(人間成長)のエッセンスを語る。

目次

第1章 「自分が源泉」とは―すべての結果は自分が創りだしている(「自分が源泉」とは;人間の最後の自由 ほか)
第2章 「完了」―「自分が源泉」で「完了」を生きる(「気づき」と「完了」;完了をマスターする)
第3章 「インテグリティ」―人生を自らの存在理由から生きる(インテグリティとは;経営のインテグリティ―「軸」をぶれさせない ほか)
第4章 「コミットメント」―未来を創作する(「コミットメント」とは;「ノーム」―組織内における無言のルール ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かず

20
★★★Audible。ちょっと期待外れ。再読予定。2017/12/04

じぇふ

14
「自分の中に毒を持て」を読み、思い立って読み直してみました。前述の本はマインドの話で、そこから「どう行動するか」の指針として非常に参考とできると思います。特に、コミットメントについては、「中途半端ではだめだ」というように、逃げ道をなくし、集中するためには必須の行動なのだと感じます。一回目はものすごく時間がかかった書籍でしたが、ざっと読み直して驚くほどすんなり受け入れられていること、普段の行動にも自然と取り入れていて、腹落ちしていることを感じ、明らかに過去とは違う自分であると認識できました。2021/10/17

645TJC

13
自分が源泉である、は結果の源。 他責でなく自責で生きる。 心の反応は、コントロールできないものであると認識し コントロールしようとせず。その感情を認めて、手放す。 これができるようになれば大分、心が落ち着くと思う。 心の反応は受け入れてから、放置。そこに執着しないようにしたい。2017/01/19

645TJC

9
いい意味で期待を裏切ってくれた良書。再読したい。全ての結果は自分が作り出している。どう考え、捉えるかは自分次第。いくら鍛えても自分の心を完全にコントロールできるようにはならない。心の反応は拒否、否定せず、存在していいものだと許容し手放す事で、無駄な悩みから離れる事ができる。2016/06/21

よう

7
再読。マザーテレサの言葉。自分が何の為に存在しているのか。コミットメントは点を面にする。周りのせいではなく、自分がやるかやらないか。 自分が源泉、もう一度心に刻み直す。2017/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/171770
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。