創元こころ文庫<br> 増補 思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (増補)

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

創元こころ文庫
増補 思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界 (増補)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月25日 09時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784422000633
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0111

出版社内容情報

村上春樹の作品群と心理療法の事例を重ね合わせながら、揺れ動く「思春期」の実像を鮮やかに描きだす。解説=三浦しをん氏。日常の目に見える現実とは異なる次元の現実を描く村上春樹の作品群と、こころに深い苦しみを抱えつつも自らの物語を生きていこうとするクライエントへの心理療法の事例を重ね合わせながら、激しく揺れ動く「思春期」の実像を鮮やかに描き出し、人が生きるということそのものの意味を問いかける。心理療法家がこころの本質に迫った定評あるロングセラーに、近年の村上作品を論じた論考を新たに加えた増補版。解説=三浦しをん氏。

目次

はじめに

第一章 物語の力
物語の呪縛
  筋書きの見えやすい物語/「通訳」の限界/物語の呪縛/異界につながる物語
新たな物語のプロローグ
  井戸の体験/因果律の呪縛/表現が生まれるまで/「お好みの物語」

第二章 思春期という異界
異界の視点
  援助交際の発覚/「たましい」の傷/思春期と異界/村上作品と思春期/出発点/思春期と向き合う/慢性化した傷/思春期を「買う」ということ
思春期同窓会
  「インチキ」な自分/思春期の記憶/浅薄な物語の魔力/事実と真実の乖離/思春期体験の破壊力/思春期の幻想

第三章 思春期体験と死
死の側面とつながる
  笠原メイの場合/異界モードの危険/死の側面のかたち/「死」を引き受ける/井戸に降り、ふたを閉める/「マトモな世界」への鍵
生の中にある死
  生と死の境界/変容のプロセス/変容を守る器/成長にともなう痛み/幸せのなかにある痛み/生の中の死

第四章 現実の多層性
「見える身体」と「見えない身体」
  「壁抜け」をする身体/半音違う新たな現実/「あちら側」への螺旋階段/「見えない身体」の穢れ/超越への回路としての「耳」
羊男の世界
  「いるかホテル」という次元/動き出すイメージ、開かれる次元/「見えない身体」としての「羊男」/「羊男」が現れるとき/「羊男」としての治療者/「空き家」になるということ/天と地をつなぐために
「入り口の石」
  「入り口」を開く結合、暴力、血/「入り口」を出入りすることの光と闇/善悪の峻別を超えた力/生の歪みを正す/理解し、ゆるすということ/「海辺のカフカ」を聴く
イメージの力
  心をなくしたイメージ/地上に降り立つプロセス/二つの世界の交差体験/通路としての思春期のからだ
「向こう側」から来る性と暴力
  「向こう側」と「こちら側」を結ぶ通路/引き裂かれた「見えない身体」/「向こう側」とのかかわり方/混沌を呑み込む/鏡と思春期
一夜の出来事?『アフターダーク』から
  「傷」を見る/「あちら側」と「こちら側」/「本当の物語」の生成

第五章 本当の物語を生きる
物語の共有
  核心を聴く覚悟/温かい血を流す/温かい血の力/「向こう側」とつながる言葉
全体性を取り戻す
  物語と猫/猫の行方/治療場面での猫のイメージ/ジョニー・ウォーカーの猫殺し
物語の行方
  日常のざわつき/日常を丁寧に「踊り続ける」こと/物語生成の瞬間/日常への着地/日常という物語を生きる

補論
十歳を生きるということ――封印された十歳の印としてのふかえり
思春期への巡礼がもたらすもの
十四歳という人生の独立器官

あとがき
新潮文庫版あとがき
創元こころ文庫版あとがき
参考文献一覧
解説 物語の効用  三浦しをん

岩宮 恵子[イワミヤ ケイコ]
岩宮恵子(いわみや・けいこ)
一九六〇年生まれ。聖心女子大学文学部卒業。臨床心理士。鳥取大学医学部精神科での臨床を経て、臨床心理相談室を個人開業。現在、島根大学教授。専攻は臨床心理学。主な著書に『生きにくい子どもたち』(岩波現代文庫)、『フツーの子の思春期』(岩波書店)、『好きなのにはワケがある』(ちくまプリマー新書)などがある。

内容説明

日常の目に見える現実とは異なる次元の現実を描く村上春樹の作品群と、こころに深い苦しみを抱えつつも自らの物語を生きていこうとするクライエントへの心理療法の事例を重ね合わせながら、激しく揺れ動く「思春期」の実像を鮮やかに描き出し、人が生きるということそのものの意味を問いかける。心理療法家がこころの本質に迫った定評あるロングセラーに、近年の村上作品を取り上げた論考を新たに加えた増補版。

目次

第1章 物語の力
第2章 思春期という異界
第3章 思春期体験と死
第4章 現実の多層性
第5章 本当の物語を生きる
補論

著者等紹介

岩宮恵子[イワミヤケイコ]
1960年生まれ。聖心女子大学文学部卒業。臨床心理士。鳥取大学医学部精神科での臨床を経て、臨床心理相談室を個人開業。現在、島根大学教授。専攻は臨床心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。