財政とは何か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419061067
  • NDC分類 341
  • Cコード C3033

出版社内容情報

財政の姿を全体のスケッチ、税金と公債、財政の働きという斬新な3部構成で描く。個々の税財政問題を「大きな政府論」対「小さな政府論」を軸として解説。

内容説明

本書の特色は現代財政の重層性を考慮した「2段階説明法」の採用、全体像、租税と公債、機能論という3部構成をとったこと、ミクロ・マクロ経済学をベースにした財政学の成果を摂取しつつ、社会経済学的スタンスを一貫させたことにある。また経済学の知識が十分でなくても、理解できるように工夫されている。

目次

プロローグ 現代財政へのアプローチ
第1部 現代財政のスケッチ(現代財政の基礎理論;日本の財政システム(一般会計の支出と収入;社会保険の財政と財政投融資)
国と地方の財政関係)
第2部 租税と公債(所得税;法人税;消費課税;公債と財政赤字;税制改革の展開と課題)
第3部 現代財政と産業・国民生活(インフラ整備の財政学;社会保障の財政;国防とODAの財政;環境財政と環境税;災害の財政;自立と連帯を支える財政)