• ポイントキャンペーン

改正商法による資本再生戦略―手法・税金・会計

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 161p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419043476
  • NDC分類 325.2

内容説明

平成14、15年の商法改正は、企業の資本や株式の制度を自由化し、企業の資本戦略に大幅な改正をもたらした。今日、企業の存続は制度改正を活用した、自己資本の再生なくしてありえない。本書は、資本の欠損・増強、株式数、株主対策、親子会社関係を中心にわかりやすく、より実務的観点から述べている。

目次

第1章 資本欠損(資本欠損の基本的処理;欠損金補填 ほか)
第2章 資本金額/資本金(株式制度の変容;資本増強 ほか)
第3章 株式数(株式数増加;株式数削減)
第4章 株主(株主作り;株主整理)
第5章 親子関係(親子関係創設;親子関係解消)

著者紹介

柿塚正勝[カキズカマサカツ]
1943年生まれ。1970年横浜国立大学経済学部卒。1975年公認会計士登録。現在、新日本監査法人代表社員。新日本ビジネスサポート株式会社会長。専門分野は株式公開、事業承継、企業再編

出版社内容情報

14、15年の商法改正は、企業の資本政策・戦略に大幅な改正をもたらした。本書は、欠損、増強、株式数、株主対策、親子会社関係を中心にわかりやすく、より実務的観点から解説している。