企業の営利と倫理―M.ヴェーバー研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

企業の営利と倫理―M.ヴェーバー研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 329p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419042882
  • NDC分類 331.5

内容説明

近年の企業と社会の混迷には根深いものがある。それは一時的な倫理の混乱として説明されうるようなものではない。その原因の一つは、現代に連なる大企業の生成以来の指導原理の変容にある。ここに指導原理の問題とは、営利と倫理の問題だといってよい。そして、この問題を解明する鍵は、マックス・ヴェーバーの主要業績のうちに与えられている。この業績は、近代企業の指導原理の成立と変容を明らかにし、このことによって現代に至る企業の営利と倫理のそしてこれによる社会の歴史を、われわれに理解させるからである。このような考えから、本書は、ヴェーバーの所論を研究しようとする。

目次

第1部 問題(宗派と社会階層分化;資本主義の「精神」;ルターの天職観―研究の課題)
第2部 禁欲的プロテスタンティズムの天職倫理(現世内禁欲の宗教的諸基礎;禁欲と資本主義の精神)