ホンダにみるデザイン・マネジメントの進化

個数:
  • ポイントキャンペーン

ホンダにみるデザイン・マネジメントの進化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 18時02分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419041779
  • NDC分類 537.1

内容説明

本書は、1960年初頭から1990年代後半にかけて、日本の経済成長の中核をなしてきた自動車産業がいかにして国際競争力をつけてきたかを、デザインが果たしてきた役割に焦点を当て、その効用をデザイン・マネジメントという視点で解明することに主眼を置いている。今日、成功している企業の多くは、例外なくデザイン力(パワー)を重視していることに着目した。

目次

第1章 デザインとは
第2章 商品(クルマ)つくりとデザイン
第3章 デザイン・マネジメントの第一段階:デザイナーの育成
第4章 デザイン・マネジメントの第二段階:デザイナーの活用
第5章 デザイン・マネジメントの第三段階:ブランド形成戦略
第6章 デザイン・マネジメントの第四段階:デザイン・マインドによる経営
結章 デザイン・マインドとデザイン・マネジメントの本質
付章1 経営戦略とデザイン・マネジメント
付章2 「戦略的経営資源」としてのデザインとそのマネジメント

著者紹介

岩倉信弥[イワクラシンヤ]
1939和歌山市生まれ。1964多摩美術大学立体デザイン科卒業、本田技術工業株式会社入社。1990株式会社本田技術研究所・専務取締役。1995本田技研工業株式会社・常務取締役(4輪事業本部商品担当)。1999同・社友。現在、立命館大学経営学部・客員教授(製品開発論)、多摩美術大学教授・生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻・学科長、(財)日本産業デザイン振興会(JIDPO)・理事。1973CIVIC’74カー・オブ・ザ・イヤー・大賞(外装デザイン担当)。1979CIVIC・S.54年度全国発明表彰・通産大臣賞。1983CIVIC’84日本カー・オブ・ザ・イヤー大賞(企画・デザイン担当)。1984CIVICイタリアピアモンテ・デザイン・アワード・大賞。1984CIVIC通産省・グッドデザイン大賞。1985ACCORD’86日本カー・オブ・ザ・イヤー・大賞(商品開発担当)。1994ODYSSEY’96RJCニュー・カー・オブ・ザ・イヤー大賞(商品担当役員)。1993通産省・諮問委員会委員(21世紀の日本をデザインする)。1996日本産業デザイン振興会・諮問委員会委員(民営化に向けて)

出版社内容情報

ホンダのシビックやプレリュード、オデッセイなどのデザインに関わり、美大出身で初めて重役になった著者が、自らの体験をとおし、デザイン力が企業経営にいかに重要であるかを考察。