• ポイントキャンペーン

関係会社間の税務 (2訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 353p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419038915
  • NDC分類 336.98

内容説明

同族会社間や関係会社間においては、一致する利害の下に社会通念上妥当でない取引が行われることもままあり、一種の租税回避行為とはいえないまでもそれに近い行為が行われ、課税上の公平を欠くケースが生じることもある。そして、税務調査において生じる多くの問題は、この同族会社間や関係会社間取引といっても過言ではない。本書では、同族会社間又は海外子会社取引をも含む関係会社間の取引において税務上特に問題となる取引等について事例を中心としてその取扱いを解説している。

目次

1 関係会社間取引における税務上の諸問題
2 同族会社
3 関係会社間の取引を巡る税務
4 役員報酬・賞与・退職金等
5 関係会社間の人的交流を巡る税務
6 関係会社間の債権・債務を巡る税務
7 子会社支配を巡る税務
8 関係会社間の資産の売買を巡る税務
9 関係会社間の資産の賃貸借を巡る税務
10 海外子会社取引を巡る税務

著者紹介

諸星健司[モロホシケンジ]
東京国税不服審判所審査官、現在、東京国税局調査第一部調査審理課課長補佐