• ポイントキャンペーン

株式交換・株式移転の活用と税務

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 133p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784419037901
  • NDC分類 325.242

内容説明

本書は『会社結合と課税問題』において整理した株式交換・株式移転の基礎理論を前提とし、実践面を中心に収めたものである。連載した稿にその後の法改正(平成13年度法人税法改正、平成13年6月商法改正)を追加している。

目次

第1章 資本増加限度額と株式の受入価格の関係
第2章 株式交換比率と課税関係
第3章 株式交換等に係る「みなし配当」課税の是非
第4章 株式交換交付金(配当見合い)の課税関係
第5章 株式買取請求権の行使
第6章 新株発行に代える自己株式等
第7章 孫会社の子会社化とその課税関係
第8章 株式交換・移転と会社分割の交錯

著者紹介

垂井英夫[タルイヒデオ]
1939年岡山県生まれ。1973年税理士試験合格。1998年神戸大学大学院法学研究科博士課程(後期)単位取得、修了。現在、税理士

出版社内容情報

本書は、平成13年度法人税法改正、平成13年6月商法改正に準拠し、実践上の経験と豊富な資料から、株式交換・移転の問題提起とその理論的な解決方法を詳しく検討した、実務に役立つ書である。