• ポイントキャンペーン

入門 外貨建取引等の会計と税務

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784419037345
  • NDC分類 336.9

内容説明

新しい「外貨建取引等会計処理基準」について、明確なQ&A方式により、平易に隈なく説明している。日本公認会計士協会から公表されている「外貨建取引等の会計処理に関する実務指針」についても、重要と思われる箇所は、余すところなく解明を試みている。「新会計基準」を受けて、法人税法も大きく改正されている。本書では、これらの改正法令のみでなく、改正法人税基本通達の内容についても、十分な検討を試みている。

目次

第1部 基本的な事項
第2部 会計編(外貨建会計基準の特徴と要点;外貨建取引の発生時の会計処理;為替予約等と振当処理;決算時における会計処理;為替差損益の表示方法)
第3部 税務編(税法における基本的な事項;取引発生時における円換算;外貨建取引等の円換算;先物外国為替契約等の取扱い;決算時における円換算;著しい変動があった場合の特例;期末換算方法の選定手続)

著者紹介

斎藤奏[サイトウススム]
昭和26年早稲田大学商学部卒業。昭和29年公認会計士第3次試験合格。昭和42年国税庁通達整備審議会委員。昭和46年日本公認会計士協会常務理事。昭和52年監査法人サンワ東京丸の内事務所代表社員。昭和61年サンワ・等松青木監査法人代表社員。平成2年監査法人トーマツ代表社員、通産省産業構造審議会臨時委員。平成3年専修大学大学院講師。平成5年財団法人日本資産流動化研究所理事。平成6年作新学院大学教授。平成7年作新学院大学大学院教授。平成10年法政大学大学院講師。平成12年作新学院大学大学院客員教授