ふしぎの国のアリスの物語―もうひとりのアリスとルイス・キャロル

ふしぎの国のアリスの物語―もうひとりのアリスとルイス・キャロル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 93p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784418958146
  • NDC分類 K949
  • Cコード C8798

内容説明

アリス・リデルはどこにでもいる少女とはちがう。彼女がいなかったなら、『ふしぎの国のアリス』は書かれなかったのだから。1862年7月4日にテムズ川のボート遊びのときルイス・キャロルにお話をさせ、のちにそのお話を本に書いてくれるように何度も頼んだのが、少女アリスなのだ。ルイス・キャロルの本名は、チャールス・ドジソンといって、オックスフォード大学で数学を教えていた。本書は、ドジソンさんと少女アリスのふたりの友情物語。本書の文もイラストも事実をもとにした。また、ドジソンさんのすばらしい写真、こっけいな絵、鏡の手紙などをたくさんのせた。

目次

むかし、むかし、その昔
こうもりボブの冒険
ドジソンさんのハンカチうさぎ
一人二役
ライオン、猫、馬、そしてアリスのパパ
悲しいドードーの物語
アリスは学校に行きましたか?
こじきのアリス…ママのお気に入りの服で
アリスのすてきな服
ふつうのこどもたちの生活〔ほか〕