ソロモンと奇妙な患者(クランケ)たち

ソロモンと奇妙な患者(クランケ)たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784418955114
  • NDC分類 480.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

熱血獣医として知られる著者が、笑いと感動いっぱいの診療記を、彼を取りまく「動物のためなら金をおしまない」仲間たちとのハチャメチャに楽しいエピソードとともに描く。

内容説明

貴方の飼っている動物は自分の暮らしに満足しているだろうか。たとえば小さな蜥蜴に対して、貴方は自分本位の愛情表現を押しつけたり、相手の都合を勝手に解釈したりしてはならない。彼らは環境の生物である。彼らはその不当な扱いに対し、自らの死をもって抗議する大自然の凝縮なのだ。「動物を飼育するという行為は、自らの命を削って与えることである」動物飼育のエキスパートである著者が綴る、不思議な動物たちとの暮らし、飼育の真髄、超動物マニアたちのエピソード。

目次

序章 そして我々のパーティは始まる
第1章 ゴー・アヘッド、野村獣医科
第2章 我が愛しのモンスターたち
第3章 ユア・アニマルライフ
第4章 ザ・マニアックワールド
第5章 生物たちの地球
第6章 犬は来た路を振り返る動物である
第7章 レッツ・ゴー、夜の山

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うたたね

0
小動物がご専門の先生なので、ハムスターやウサギの話が出てくるかと思ったのですが。。。この本のメインは犬であり、は虫類みたいです。ただ、「動物の値段が安すぎる。安く売られる動物ほど、雑に扱われる傾向がある。」の一言には、深く納得しました。先生の別の本も読んでみたいと思います。2013/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/434410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。