茶の湯便利手帳<br> 名物茶入の伝来と逸話―奥秘にも使える

個数:

茶の湯便利手帳
名物茶入の伝来と逸話―奥秘にも使える

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A6判/ページ数 303p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784418113095
  • NDC分類 791.5
  • Cコード C2376

内容説明

かつて武将たちにとって、名物茶入は一国に値するほどの価値を持つものであり、それを所持することは権威の象徴だった。江戸時代には、名物茶入は将軍家への忠誠を示すために献上され、また逆に、将軍家からは褒賞として大名に下賜されるなどして、政治的に利用された。そのため数奇な運命をたどった名物茶入も少なくない。本書は、そうした名物茶入の伝来、銘の由来、その茶入が使用された茶会と客組、茶入にまつわる逸話などを網羅。付録として「天目茶碗」も掲載。手軽に持ち歩けるハンディ版茶道事典。

目次

唐作唐物の部
島物の部
古瀬戸の部
春慶の部
真中古の部
藤四郎春慶の部
後春慶の部
金華山の部
破風窯の部
後窯の部
国焼の部
追加の部

著者紹介

青木準子[アオキジュンコ]
茶名・宗準。1942年生まれ。裏千家茶道を学び、現在正教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

シリーズ第5巻は、名物茶入の伝来と逸話が一目でわかる。代表的な名物茶入は巻頭のカラー口絵で紹介し、読者のニーズに応えます。

シリーズ第5巻は、名物茶入の伝来と逸話が一目でわかる便利手帳です。代表的な名物茶入は巻頭のカラー口絵で紹介し、読者のニーズに応えます。「奥秘十段」(現在公開されているのは二段のみ)など、出版物がない上級者の相伝稽古にも役立ちます。