• ポイントキャンペーン

紅心―小堀宗慶の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 190p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784418069040
  • NDC分類 791.2
  • Cコード C0095

内容説明

綺麗さび、茶花のこころ、数寄のこころ。茶の湯一筋に歩んできた著者の精華。「私の履歴書」(『日経新聞』連載)全文収録。

目次

茶花のこころ
茶花と私
睦月・一月―春迎えの椿と牡丹
如月・二月―寒中の紅梅や紅椿
弥生・三月―雛祭に寄せる花
卯月・四月―名残の椿たち
皐月・五月―夏草みずみずし
水無月・六月―風待つ季の花
文月・七月―ひときわ涼し夏の花
葉月・八月―涼あふる晩夏の白き花〔ほか〕

著者紹介

小堀宗慶[コボリソウケイ]
1923年、遠州茶道宗家十一世小堀宗明の長男として東京に生まれる。両親のもと厳しい茶道修業を積み、42年、東京美術学校(現東京藝術大学)に進学、日本画を専攻。43年10月、学徒出陣により満州(現中国東北地方)に従軍。終戦を迎えるとシベリアに抑留される。49年9月、復員する。翌50年3月、東京・音羽、護国寺において小堀遠州公嫡子大膳宗慶公の号を襲名。62年、遠州茶道宗家十二世家元を継承。「国民皆茶」をモットーに、日本文化の普及、発展のため活動。茶道はもちろんのこと、歴史文化の研究、建築、造園の指導、美術工芸の指導と多岐にわたり活躍。特に名物裂の研究、茶花、定家様の書については、第一人者として有名である。2001年、長男宗実に十三世家元を譲る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)