体系化する知的財産法〈上〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

体系化する知的財産法〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 06時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417016106
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C3032

内容説明

全分野を体系的な視点からまとめ上げる!学生や資格試験受験者のテキストとして最適であると同時に研究者・実務家にとってはより深い世界へと分け入る格好の案内役!

目次

第1章 知的財産法と社会
第2章 特許法―発明と特許要件
第3章 特許手続
第4章 特許権の効力と活用
第5章 特許発明の技術的範囲と特許権侵害
第6章 実用新案法
第7章 意匠法
第8章 種苗法

著者紹介

辰巳直彦[タツミナオヒコ]
1977年京都大学法学部卒業。神戸学院大学法学部助教授及び甲南大学法学部教授を歴任。その間、1993年~1994年マックス・プランク外国国際特許著作権競争法研究所(ミュンヘン)客員研究員。2002年関西大学法学部教授。2004年関西大学法科大学院教授。現在、世界知的所有権機関調停仲裁センター仲裁人・調停人、日本知的財産仲裁センター仲裁人・調停人、日本工業所有権法学会常務理事、著作権法学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)