最新判例からみる商標法の実務2〈2012〉

個数:

最新判例からみる商標法の実務2〈2012〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 06時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 394p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417015826
  • NDC分類 507.26
  • Cコード C3332

内容説明

2007~2012年に出された商標法判例の中から33件の主要判例を取り上げ、「商標の識別性」「商標の類似」など8つのテーマに分類・体系化して詳述。判例を通して現実の取引社会で果たす商標の機能や現代的問題点を浮き彫りにし、実務的な取組み方や解決策を明らかにする。最近の商標事件の判例動向を概観し、また、個々の裁判事例を商標法の指導理念から見直し商標実務への対応を示唆する。

目次

第1部 最近の商標事件判例の傾向
第2部 商標実務ゼミナール(商標としての使用;商標の識別性;商標の類似;商品と役務;商標の登録阻却原因;商標権の維持;商標権侵害;不正競争)
第3部 商標法の指導理念から判決を考える

著者紹介

小林十四雄[コバヤシトシオ]
弁護士・弁理士。小林・藤堂法律特許事務所

小谷武[コタニタケシ]
弁理士。不二商標綜合事務所

足立勝[アダチマサル]
日本コカ・コーラ株式会社(法務部)。ニューヨーク州弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)