クレジット取引―改正割賦販売法の概要と実務対応

個数:

クレジット取引―改正割賦販売法の概要と実務対応

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年01月19日 01時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 531p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417015260
  • NDC分類 673.37
  • Cコード C3032

内容説明

割賦販売法改正に伴う実務対応を110の設問で答える。改正法は、割賦販売法の保護の対象となる消費者等利用者の関係者はいうまでもなく、割賦販売法を遵守すべき事業者の法令等遵守のため、更に技術的で複雑なものとなった。法改正を巡る規範(ルール)の全般について、クレジット取引の法律実務家がその実務対応を分かりやすく解説する。

目次

第1部 平成20年の改正割賦販売法の概要(割賦販売法;割賦販売(自社割賦)
包括信用購入あっせん
個別信用購入あっせん)
第2部 割賦販売法改正に伴う実務対応(割賦販売法の対象(16問)
包括信用購入あっせんに対する規制(19問)
個別信用購入あっせん(個別クレジット)(29問)
割賦販売協会とその役割(16問)
信用情報機関関係(11問)
改正による実務への影響(19問))

著者紹介

片岡義広[カタオカヨシヒロ]
1977年中央大学法学部法律学科卒業。1980年東京弁護士会登録。1986年法務省・大蔵省抵当証券研究会特別委員。1993年財団法人日本資産流動化研究所法務委員会副委員長。1997年大蔵省電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会特別委員。1999年最高裁判所司法研究所民事弁護教官。2004年中央大学法科大学院法務研究科客員教授。法政大学法科大学院法務研究科兼任教授。2005年法務省司法試験(新司法試験)考査委員(商法担当)。2010年中央大学大学院戦略経営研究科客員教授

吉元利行[ヨシモトトシユキ]
1978年九州大学経済学部卒業(株)オリエントファイナンス入社。1985年同社福岡管理センター所長。1992年(株)オリエントコーポレーション法務課長。2002年同社法務部長。2004年法務省法制審議会信託法部会委員。2006年法務省法制審議会電子債権法部会委員。2006年同社執行役員法務部長。2008年(株)オリエント総合研究所専務取締役。2009年経済産業省産業構造審議会「商取引の支払に関する小委員会」委員。2010年九州大学大学院法学府博士後期課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)