新・商標法概説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 574p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417014928
  • NDC分類 507.26
  • Cコード C3032

内容説明

理論と実務を架橋する本格的な商標法概説書。

目次

第1編 序論(序説;商標法の沿革と発展;商標法の概念;商標法の体系的地位)
第2編 実体的商標法(商標権の成立;商標権の主体;商標権の効力;商標権の処分(商標権の移転)
商標権の存続期間と消滅)
第3編 手続的商標法(総説;商標登録出願;審査;審判;訴訟)

著者紹介

小野昌延[オノショウエン]
1953年京都大学法学部卒業。1974年特許庁・工業所有権審議会委員。1975年日本工業所有権法学会常任理事。1978年日弁連・無体財産権制度委員会委員長。1999年日本商標協会会長。現在、法学博士・弁護士

三山峻司[ミヤマシュンジ]
1975年中央大学法学部法律学科卒業。2001年日弁連・知的財産制度委員会(現知的財産センター)委員。2004年特許庁・工業所有権審議会臨時委員。2008年大阪弁護士会・知的財産委員会委員長。現在、弁護士・弁理士、京都産業大学大学院法務研究科教授、日本商標協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)