憲法9条―研究と議論の最前線

個数:

憲法9条―研究と議論の最前線

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年04月24日 18時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 489p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417014058
  • NDC分類 323.142
  • Cコード C3032

内容説明

改憲の最大テーマである9条問題を多数の文献や見解をもとに客観的・実証的に検証し、正しい議論のための基礎的な知識や事実を詳細・正確に提示。集団的自衛権、日米安保、国際貢献、国家緊急権など周辺事項も積極的に解説。

目次

第1章 戦争違法化の歴史と国連憲章
第2章 憲法第9条の制定・解釈と今日までの歩み
第3章 憲法第9条とわが国の防衛法制の体系
第4章 日本国憲法と集団的自衛権・日米安保
第5章 日本国憲法と集団安全保障・国連・国際平和協力
第6章 憲法と国際法
第7章 日本国憲法と国家緊急権
第8章 憲法第9条の今後(各政党の立場)

著者等紹介

畠基晃[ハタケモトアキ]
名城大学・獨協大学各大学院法務研究科講師(非常勤)(元参議院憲法調査会事務局主査)。愛知県生まれ。東京大学法学部卒業。参議院建設委員会調査室、法政局第1部第1課、第一特別調査室、内閣委員会調査室、総務委員会調査室等を経て、平成12年1月より17年8月まで、憲法調査会事務局主査。憲法調査会設置から最終報告書提出までの5年間、参議院憲法調査会事務局で調査スタッフとして、主に憲法9条関係を担当。名城大学大学院法務研究科講師(非常勤)、及び獨協大学大学院法務研究科講師(非常勤)。日本国際政治学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。