民事要件事実講座〈3〉民法1―債権総論・契約

個数:

民事要件事実講座〈3〉民法1―債権総論・契約

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年06月18日 11時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 543p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417013846
  • NDC分類 327.2
  • Cコード C3332

内容説明

契約問題に関して考えるべき総論的課題として民法総則に規定されている諸制度と債権総論及び契約に関する主要な項目を徹底的に検討・考察。複雑化している社会経済状況から生ずる新しい様々な法律問題の解決に資する法的思考方法のあり方をも提案する。

目次

契約問題に関して考えるべき総論的問題
債務不履行に基づく損害賠償請求
第三者による債権侵害及び債権に基づく妨害排除
債権者代位権
詐害行為取消権
保証契約
債権譲渡
契約の成立と効力・解除
売買
消費貸借・準消費貸借
使用貸借
賃貸借
請負
和解
消費者契約
安全配慮義務
証券取引

著者等紹介

伊藤滋夫[イトウシゲオ]
昭和29年名古屋大学法学部卒業、同年司法修習生。昭和31年東京地・家裁判事補。同36年米国ハーバード・ロー・スクールマスター・コース卒業(LL.M.)。同41年東京地方裁判所判事。以後、東京高等裁判所部総括判事などを歴任。平成7年退官。その間、司法研修所教官、司法試験考査委員なども務める。創価大学法科大学院教授、法科大学院要件事実教育研究所長、弁護士、博士(法学)名城大学

牧野利秋[マキノトシアキ]
弁護士・慶應義塾大学法科大学院客員教授

土屋文昭[ツチヤフミアキ]
横浜地方裁判所判事

齋藤隆[サイトウタカシ]
東京地方裁判所判事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。