無印良品の業務標準化委員会―働く人が仕事を変え、オフィスを変え、会社を変える

個数:

無印良品の業務標準化委員会―働く人が仕事を変え、オフィスを変え、会社を変える

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月26日 00時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416917763
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C3034

出版社内容情報

良品計画の社員が本社ビルのリノベを行う中で見えた、社員がいきいきと働くための方法と、働きがいのある会社のあるべき姿のヒント。

内容説明

「業務標準化委員会」は2007年に発足した社内組織。「あいさつ」「定時退社」「デッドライン」「清掃」「整理整頓」といった業務の基本中の基本の重要性を社員に丁寧に呼びかけ、思想と風土を根付かせてきた。その目的は、同じ会社といえども誰もが同じに働くのではなく、個々が自発的・自主的に自分の働く場所や仕事を考え、変えられる環境を整えることにある。2015年に始まった大規模なオフィスリノベーション。

目次

第1章 働く人がオフィスを変える(リノベーションで、働く意義と意味を再構築;きっかけは、小さなこと;自分たちで考えて、自分たちで変えていく;「自分ごと」のスイッチをオンに;ものづくりと同じように、オフィスをつくる;働く場の永遠の課題、収納;段階を経て、蓄積させていく;オフィスに井戸端という考え方;完成させないから進化が続く;進化の過程、オフィスのいま;リノベーションから生まれる商品;リノベーションから生まれるビジネス)
第2章 働く人が仕事を変える(働く時間も「感じ良いくらし」に;標準化が活性を生む;ローカルとつながる、世界が広がる;一人ひとりが、いきいきと;働く人が会社を変える)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なる

2
無印良品の探究心は商品開発だけではなくて、働き方にも現れているんだなと。常に変わっていこうとする会社。 かの有名なムジグラム、マニュアルではあるが、淡々とした機械的な印象のものとは別物。 マニュアルに沿って業務をこなす基本の中で、当たり前になっている習慣や価値観、デザインだとか、ひとつひとつに対して立ち止まって考えられる人、日々気づきを得られる人が求められている。 現場から吸い上げた声がきちんと検討されて、普段の業務がアップデートされていく実感があるというのはモチベーションに繋がりそう。私も始めてみたい。2019/03/20

あゆむ

1
すごく面白かった。働く人みんなで自分のオフィスを作る、いい取り組みだと思う。自分の会社でも取り入れたい。2020/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12487262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。