介護チームの対話タブー集―ストレスを減らしやる気を起こす言葉力

個数:

介護チームの対話タブー集―ストレスを減らしやる気を起こす言葉力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月15日 22時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416812860
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

出版社内容情報

他職種を理解し協働すべき介護チーム。シーン別に 「してはいけない&こうすればうまくいく」コミュニケーションの取り方を紹介。

チームプレーが求められることが多い介護現場。チームにはケアワーカー(ヘルパーや介護福祉士)のほか、看護師やリハビリスタッフなどの専門職が含まれることもあり、他職種の専門性を理解して協働するコミュニケーション力が求められます。また、ケアワーカーという同一職種であっても、経験や年齢の幅が広いのが介護現場の特徴でもあります。そのためチームプレーを発揮しにくいのが、重要課題の一つと言われています。そうしたなか、チームをまとめる役目を担うリーダーや管理職の立場にある人たちは特に、チーム内のコミュニケーションに頭を悩ませ、それがストレスになっているのが実情です。そこで、実際の介護現場で起こった経験談をもとに、介護チームが直面するさまざまなシーンでの 「やってはいけない&やればうまくいく」コミュニケーションの取り方を紹介。ストレスから解放され、最強の介護チームをつくるサポートをします。

1章 対立 意見の対立をおさめるときのタブー
2章 異なる 意見が合わない相手へのタブー
3章 指摘 間違いなどを指摘するときのタブー
4章 指示 指示するときのタブー
5章 不満 不満を持っている相手へのタブー
6章 ネガティブ 意欲のない相手へのタブー
7章 拒否 言うことを聞いてくれない相手へのタブー
8章 謝罪 あやまるときのタブー
9章 相談 相談するときのタブー

内容説明

多職種を理解し協働すべき介護チーム内のコミュニケーションに悩まされていませんか?実際に起こった100実例を紹介。

目次

1章 対立―意見の対立をおさめるときのタブー
2章 異なる―考え方や価値観が異なる相手へのタブー
3章 指摘―間違いなどを指摘するときのタブー
4章 指示―指示するときのタブー
5章 不満―不満を持っている相手へのタブー
6章 ネガティブ―意欲のない相手へのタブー
7章 拒否・非協力的―言うことを聞いてくれない相手へのタブー
8章 謝罪―あやまるときのタブー
9章 相談―相談にまつわるタブー