フォトグラファーズバイブル―プロに学ぶ発想と絵づくり、構図とライティング

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 191p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416812440
  • NDC分類 743
  • Cコード C2072

出版社内容情報

単なるスナップ写真から一枚の「作品」へ、ワンランク上の写真の撮り方を紹介。作品づくりに必要な発想やアイデアを伝授します。

単なるスナップ写真から一枚の「作品」へ、ワンランク上の写真の撮り方を紹介します。これまで何となく写真を撮ってきたが、構図やライティングを勉強してみたい、写真雑誌に投稿できるような意図的な「写真づくり」をしたいという人にはぜひ読んでいただきたい1冊です。作品づくりに必要な発想やアイデア、そして撮影テクニックを伝授します。

グラビア
第1章 構図力を鍛えるルール
第2章 絵づくりのためのルール
第3章 テーマに合わせた写真表現のスタイル
第4章 プロから学ぶワンランク上のライティングの世界

【著者紹介】
写真家/美学家/アーティスト。アートとドキュメンタリー、クロスメディアアートまでジャンルを越えた領域で、ドイツ、アメリカ、日本を中心に、世界の写真文化の第一線で活動。国際写真年鑑『Graphis Photo』(2003年度)の表紙を日本人として初めて飾り、アメリカPIC (Photoimaging InformationCouncil) の公式サイトにおいて特集された。。日本の精神文化をテーマにした写真や映像を世界の美術館・図書館、大学や研究機関に寄贈するプロジェクト「メディアアートリーグ」を推進。

内容説明

未来永劫変わらない写真術の魅力を「バイブル(=座右の書)」としてまとめた本書は、「プロに学ぶ発想と絵づくり、構図とライティング」の副題どおり、写真の楽しみ方と達人への道を、「構図」「絵づくり」「発想」「ライティング」の4つのテーマから、豊富な作例をもとに、分かりやすく紹介。写真の構図や絵づくりのルールを「変わらない法則」として解説し、写真の基礎から応用まで、撮影技法と表現力を同時に鍛えながら、思いどおりの写真を撮るために、実力に磨きをかけていただくための教本。

目次

第1章 構図力を鍛える法則(構図の基本;自然のなかで探す構図;街で探す構図;いろいろな構図;レンズの表現と構図)
第2章 写真術の変わらない法則(光の移ろいと方向;光の硬さ・軟らかさ・鮮やかさ;光の色とホワイトバランス;露出補正;ボケ味;フォーカス;動感;日中シンクロ;色調整とフィルター)
第3章 テーマに合わせたクリエイティブな写真表現のスタイル(映り込みの効果―光と向き合う1;影の表現―光と向き合う2 ほか)
第4章 プロフェッショナルな作品づくり&ライティングの世界(ヨーガのポーズで撮る―印象的なポートレイト撮影1 恵みとしての光;「肌」の美しさを撮る―印象的なポートレイト撮影2 素の輝き ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sakurai Daisuke

2
いろんな写真の撮り方の参考書の 中で初心者向けの本は割とたくさんありますが、初心者から中級者向けの本を見つけるのは意外と大変中、いい本に出会えたと思います。何度も読みましたが、かなり参考になる本になりました。2016/03/04

セディ

1
写真を見てるだけでも楽しい。しっかり撮影に生かせるようにしたい。2014/03/10

ura2wa

1
実際の撮影に生かそう。2013/04/24

キツネ

0
作例のいくつかは説得力に欠けるものだった2015/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4760302

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。