• ポイントキャンペーン

デジタルカメラによる空の写真の撮り方―感動をドラマチックに残す被写体別撮影テクニック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416812266
  • NDC分類 743.5
  • Cコード C0072

内容説明

人気の現象を狙うオススメの撮影タイミング付。

目次

Photo Gallery(雲間から漏れる光芒;夏の夕方の光線 ほか)
1 空を撮るにはどんな機材が必要?(空に向いているのはどんなカメラ?;空の撮影にはどんな設定をすればいいの?)
2 武田式空をドラマチックに撮る設定とは?(測光を使いこなせ!;「露出補正」で自分のイメージどおりに ほか)
3 被写体別撮影テクニック(青空を撮る;雲を撮る ほか)
4 被写体別撮影テクニック上級編(星空を撮る;日食を撮る ほか)

著者等紹介

武田康男[タケダヤスオ]
1960年、東京都生まれ。東北大学理学部地球物理学科を卒業後、高校教諭(地学)、第50次日本南極地域観測隊(越冬隊)を経て、日本教育大学院大学客員教授などを務める。空の探検家として、国内外で撮影した空の写真や映像で多くのファンを魅了。気象予報士。日本気象学会会員。日本自然科学写真協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

気象写真家武田康男が、空撮影の秘訣を初書籍化。撮影のテクニックから、心構え、気象現象に出会うタイミングなどをこの一冊に凝縮。

美しい気象写真、感動的な空の写真で知られる武田康男のノウハウを初書籍化!      虹、夕焼け、月など人気の被写体別に徹底解説                                                 
空の探検家として活躍する、気象予報士で写真家の武田康男氏が、自身の撮影テクニックをわかりやすく解説しました。 虹や夕焼けなど、誰もが撮りたい空の現象を被写体別に紹介。美しい作例と撮影テクニックを惜しみなく掲載しています。気象予報士でもある武田氏ならではの、気象現象に対する基礎知識、その現象を待ち伏せるためのおススメタイミングなども必見。いままで感動した空の美しさを、イメージ通り記録に残せなかった人、さらなるスキルアップを狙っている人にも必ず役に立つ一冊です。

はじめに/こんな写真を撮ってみたい/1章これだけは知っておきたい 撮影前の準備 /2章 空撮影でよく使う基本の撮影テクニック/3章被写体別 撮影のテクニック&タイミングのコツ ・青空 
・雲  ・虹  
・朝日夕日 ・朝焼け夕焼け 
・雷  ・雨と雪  
・月  
・上級者編 星空 日食 オーロラ <巻末 おすすめ機材カタログ>

【著者紹介】
1960年東京生まれ。東北大学地球物理学科卒業。高校教諭。第50次南極地域観測越冬隊員。気象予報士。日本気象学会会員。日本自然科学写真協会会員。著書は『楽しい気象観察図鑑』『雲と暮らす』など多数。