ポルトガル菓子図鑑 お菓子の由来と作り方―ルーツは修道院。知っておきたいポルトガル菓子101選

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

ポルトガル菓子図鑑 お菓子の由来と作り方―ルーツは修道院。知っておきたいポルトガル菓子101選

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2020年08月06日 23時10分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416719145
  • NDC分類 596.6
  • Cコード C0677

内容説明

日本の洋菓子は16世紀にポルトガルの宣教師たちによってもたらされたとされ、和菓子にも大きな影響を与えました。そのせいか、ポルトガル菓子は日本人にとってどこか懐かしい味わいを感じさせるものが多数あります。日本でブームになったエッグタルトもポルトガル菓子のパステル・デ・ナタがルーツ。一方で、日本であまり知られていない菓子も多数存在し、修道院に起源があり、卵黄をたっぷり使ったコクのある旨みと凝縮された甘さが特徴です。これらの菓子を101種に絞り込み、それぞれの歴史や物語を、本書ではご案内します。菓子への理解をより深めるためにレシピも併記しました。ポルトガル菓子についてのコラムも織り込み、ポルトガルの菓子文化が丸わかりできる一冊です。

目次

アルコモニィアシュ
アレトゥリーア
アルフェニン
アーメンドアシュ・デ・ソブレメーザ
アレイアシュ
アルゴラシュ
アレピアードシュ
アローシュ・ドース
ベーバドシュ
ビスコイット・デ・アゼイテ〔ほか〕

著者等紹介

ドゥアルテ智子[ドゥアルテトモコ]
ポルトガル菓子研究家。『Castella do Pauloポルトガル菓子店』代表。大学時代からポルトガル菓子を追い求め、1985年ポルトガルに渡り、菓子作りに携わる人たちと触れ合いながら、研鑽を重ねる。1996年、夫でありオーナーパティシエのパウロとともに、リスボン郊外にポルトガル初のカステラ菓子工房をオープン。2015年、京都市・北野天満宮横に『Castella do Pauloポルトガル菓子店』を開店(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ルーツは修道院。日本の菓子文化にも大きな影響を与えたポルトガル菓子を徹底案内

カステラをはじめ、日本の洋菓子は16世紀にポルトガルの宣教師たちによってもたらされたとされています。
和菓子にも影響を与え、南蛮菓子と呼ばれるものはポルトガル菓子の影響を受けたものです。
そのせいか、ポルトガル菓子は日本人にとってどこか懐かしい味わいを感じさせるものが多数あります。
また、20年ほど前に、マカオからやって来て日本でブームになったエッグタルトもポルトガル菓子のパステル・デ・ナタがルーツ。
実は、ポルトガル菓子は日本になじみのある菓子が多いのです。

一方で、日本であまり知られていない菓子も多数存在します。
その起源が修道院にあり、卵黄をたっぷり使い、コクのある旨みが凝縮された甘さが特徴です。
同時に地方によって特色もみられます。
これらの菓子を100種に絞り込み、それぞれの歴史や物語を案内するのが本書です。
菓子への理解をより深めるため、また実際に作ってみたい方のためにレシピも併記しています。

ポルトガル菓子についてのコラムも織り込み、読み物としてもおもしろく、ポルトガルの菓子文化が丸わかりできます。