アンティークシルバーのティータイム・テーブルセッティング―食卓を彩る銀器の種類・扱い方と上手なおもてなし

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

アンティークシルバーのティータイム・テーブルセッティング―食卓を彩る銀器の種類・扱い方と上手なおもてなし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月20日 12時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 141p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416715208
  • NDC分類 596.8
  • Cコード C0076

内容説明

アンティークシルバーの食器を使った、ティータイムのテーブルセッティング。一部に銀器を取り入れたモダンなアレンジを豊富に紹介。「アンティークシルバー」とは何かという説明からティースプーンなどの種類、扱い方やお手入れ法、購入先の情報―そして、食卓演出における具体的な使い方をシーンごとに豊富な事例で紹介。フルセットで揃えるのではなく、一部のみにシルバーを取り入れて、普段のおもてなしをモダンにアレンジする手法を詳しく解説した。

目次

1 シルバーの基礎知識(ヨーロッパ人にとってのシルバー;ヨーロッパの銀食品の歴史 ほか)
2 ティータイムに必要な銀器(英国紅茶の歴史とアフタヌーンティー;アフタヌーンティーの背景と必要な銀器 ほか)
3 紅茶を楽しむテーブル(アーリーモーニング;ブレックファースト ほか)
4 もっと気軽におもてなしを!(季節ごとのテーブルデコレーション;家の中、至るところでティータイム ほか)
5 アンティークの基礎知識(英国アンティークシルバー事情;フランスのアンティークシルバー事情 ほか)

著者等紹介

多賀谷洋子[タガヤヨウコ]
食住空間デコレーター/フランスチーズ鑑評騎士の会シュバリエ/パリスタイル主宰。雑誌編集部を経て外資系航空会社の客室乗務員に。在職中より、ヨーロッパでプロトコール、テーブルセッティング、フラワーアレンジ、インテリア、紅茶等食卓芸術やインテリアに関する研鑽を幅広く積む。現在は、ブライダルや百貨店、食器ブランドなど商業施設の装飾や撮影スタイリング等食空間のデコレーションを手掛ける他、メディアにてテーブルやインテリアに関する執筆、講演を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アンティークシルバーの食器を使った、ティータイムのテーブルセッティング。一部に銀器を取り入れたモダンなアレンジを豊富に。

紅茶やアフタヌーンティーの流行から、シルバーウエア(銀製の食器)への注目が高まりつつあります。インテリアにおいて、アンティークやクラシカルなスタイルが人気(フレンチシックやシャビーシック)なのも原因のひとつです。テーブルコーディネートにおいても、銀のカトラリーは本来揃えるべき道具のひとつで一種のステイタスでもあり、ステンレスなどに比べると格も上で、ウェディングなどフォーマルなシーンには欠かせません。シルバーウェアは高価で手が届きにくい面がありますが、意外にもアンティークは手頃な価格で手に入りやすく、また職人の手による一点物が多いことも魅力のひとつで、食卓にスペシャル感を加えるにはとても効果的です。本書では、「アンティークシルバー」のとは何かという説明からティースプーンなどの種類、扱い方やお手入れ法、購入先の情報ーーそして、食卓演出における具体的な使い方をシーンごとに豊富な事例で紹介していきます。フルセットで揃えるのではなく、一部のみにシルバーを取り入れる、普段のおもてなしをモダンにアレンジする手法を詳しく解説します。

【著者紹介】
多賀谷 洋子:パリスタイル主宰/フランスチーズ鑑評騎士の会チーズシュヴァリエ/ワインエキスパート/食空間デコレーター      雑誌編集、外資系線CAを経て、食空間デコレーターに。英国でインテリア、フランスではシャンパーニュ・ポメリー創設者一族のマダム・ブランシュから、マナーやテーブルセッティングを学び、食やテーブルの研鑽を積む。ブライダルや各種パーティのトータルコーディネートをはじめ、百貨店、店舗等商業施設やラグジュアリーブランドのディスプレイの他、撮影スタイリング等も多数手がける。また、フードコーディネーターの養成講師として、大手専門学校のカリキュラム作成より参画し、後進を育成する。全国で開催するセミナーや講演、各種メディアを通じて、チーズと飲み物、食材各種のマリアージュなどチーズの新しい楽しみ方やスタイルを提案する活動が評価され、2008年にフランスチーズ鑑評騎士の会(シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ 本部フランス)より、「シュヴァリエ」の称号を授与される。常に上質な食・住空間をプロデュースし、食から広がる豊かなライフスタイルを幅広く提案している。