いちばんわかる企業の水リスク―地球の水が足りない、Tシャツ1枚に2900lの水がつかわれている!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416714256
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C0034

出版社内容情報

企業活動から水は切り離せない!水を大切にしない企業は世界から見放される。企業に潜む「水リスク」とその対策をやさしく解説する。

「自社製品は水を扱う商品ではないから関係ない」、「日本は水が豊かだから大丈夫」、といった考えを持った企業の経営は近い将来傾いていきます。
今後、水や環境を大切にしない企業は、投資家や銀行から見放されていきます。欧米では「空気」(温室効果ガス)に並んで、企業の「水」使用状況の情報開示を投資家から求められる動きが活発になっています。そのため、将来的な「水リスク」を抱える企業や水、森などの自然を大切にしない企業は、今後の投資が受けにくくなると予測されています。
干ばつや洪水などによる操業停止、水不足や汚染水浄化による水調達コストの増加、水不足や環境破壊を防止するための増税、水質汚染防止のための排水基準の厳格化、無秩序な水利用や環境破壊による企業イメージの悪化など、意識すべき点はたくさんあります。
例えば、人件費が安いという理由で中国や東南アジアに生産拠点を移した企業は、水不足や台風などによる洪水被害などで水に対するコストが増えるリスクを抱えています。
また、グローバル化が進んだ現在、日本企業も必ず水リスクを抱えています。
どんな企業でも、提供する商品の原材料生産から消費者の手に届くまでのサプライチェーンの中で、必ず水を使っているため、「水リスク」が潜んでいるといえるのです。
例えば、ファーストフードでコーヒー1杯を提供するのに132リットル、ハンバーガー1個を提供するのに2400リットルの水が使われているといわれています。
このように自社商品を提供するのに、どれくらいの水が必要になるかを算出することを「ウォーター・フットプリント」といいます。
このウォーターフットプリントの算出は、国内でも注目され始め、環境省から「ウォーターフットプリント算出事例集」が発行され、国際規格であるISOにもその基準(ISO14046)が設けられました。
そうした中、本書では、あらゆる企業に潜む「水リスク」についてやさしく解説し、また先進企業の水利用の実例などにも触れながら、今後日本の企業が直面するであろう水リスクとその対応策について紹介しています。

第1章 企業活動は未来の水で行われている
第2章 企業の水リスクってなんだろう
第3章 気候変動と企業活動
第4章 先進企業がはじめた「水リスク」の減らし方
第5章 企業の流域に対する責任
第6章 地域にあったアクションを考える

【著者紹介】
橋本 淳司:水ジャーナリスト、アクア・コミュニケーター。アクアスフィア代表。学習院大学卒業。出版社勤務後、独立し現職。水課題を抱える現場の様子やその解決方法をメディアで発信。国や自治体への水政策の提言、普及啓発活動などを行う。参議院第一特別調査室客員調査員、東京学芸大学客員准教授など歴任。現在、静岡県立三島北高等学校スーパーグローバルハイスクール推進委員として世界と地域の水問題学習を通じたグローバル人材育成をサポート。

内容説明

自分の会社がどのように水を利用しているか、水を汚していないか、水の使用量を減らすことができるか、どうしたら地域社会に貢献できるか。それらを知るためのヒントが本書には書かれています。

目次

1 企業活動は未来の水で行われている
2 企業の水リスクってなんだろう
3 気候変動と企業活動
4 先進企業がはじめた「水リスク」の減らし方
5 企業の流域に対する責任
6 地域にあったアクションを考える

著者等紹介

橋本淳司[ハシモトジュンジ]
水ジャーナリスト、アクア・コミュニケーター。アクアスフィア代表。学習院大学卒業。出版社勤務後、独立し現職。水課題を抱える現場の様子やその解決方法をメディアで発信。国や自治体への水政策の提言、普及啓発活動などを行う。参議院第一特別調査室客員調査員、東京学芸大学客員准教授など歴任。現在、静岡県立三島北高等学校スーパーグローバルハイスクール推進委員として世界と地域の水問題学習を通じたグローバル人材育成をサポート。水循環基本法フォローアツプ委員もつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kubottar

13
将来、もしかしたら石油よりも高価になるかもしれない水(正確には飲水)水が豊富な日本では考え付かないようなことが書かれていました。2015/01/07

ハパナ

2
多少針小棒大な感もありますが、思いの外1製品に係る水の量は多いんですね。地球全体に占める淡水の稀少性を考えれば、素材メーカーの開発した海水の淡水化フィルムの可能性は面白いです。太陽光発電の売電の様に、沿岸地域での淡水化水の売水が、1つの商売として成り立つ日がくるかも知れませんね。2015/01/30

苑田 謙

0
デザイン事務所「SPAIS」による装丁がすばらしかった。2014/12/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8328664

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。