カメ飼育ノート―水棲ガメの生態から飼育、繁殖まで

個数:

カメ飼育ノート―水棲ガメの生態から飼育、繁殖まで

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416713648
  • NDC分類 487.95
  • Cコード C0376

出版社内容情報

水棲ガメの生態や飼育・繁殖についてまとめた一冊。初心者でも飼いやすいミドリガメなどの一般種の飼育管理から繁殖までを網羅。

縁日やペットショップなどで手軽に手に入るカメ。特に水棲ガメは値段も手ごろで、その可愛らしさからつい手を出してしまいがちな動物ですが、きちんと飼育するとなると、わからないことが実は多いもの。そんな水棲ガメの生態や飼育管理の方法、そして繁殖に至るまで、一通りの情報を一冊にまとめた飼育書です。飼育ノウハウは用意しなければいけない基本的な用品から季節ごとの管理まで詳しく解説。また、人気の水棲ガメのカタログも掲載。

【著者紹介】
大谷 勉:2003年高田爬虫類研究所沖縄分室の名を継承し、沖縄市照屋にて独立。2000年より始めたリュウキュウヤマガメの調査を現在も継続中。沖縄の気候風土にこだわり、その中で種々の爬虫類の繁植に力を入れている。『クリーパー』(クリーパー社)など執筆多数

内容説明

水棲ガメの仲間を飼育スタイルごとに分け、入手方法、生態、飼育・繁殖方法を紹介。

目次

1 カメってどんな生き物?(カメってどんな生き物?;ペットとしてのカメ;カメの分類と分布;カメの生活史;体のつくり;オスとメスの違い)
2 カメを飼ってみよう(飼育する前に知っておきたいこと;カメを入手するには;迎え入れの準備;水棲ガメの飼育に必要なもの;餌について;日常の管理;季節ごとの管理)
3 飼育スタイル別水棲ガメ図鑑1(水槽飼育向け・水底を歩く半水棲種;水槽飼育向け・泳ぎの上手な半水棲種;水槽飼育向け・水棲種)
4 飼育スタイル別水棲ガメ図鑑2(庭で飼える半水棲種;庭で飼える陸棲種)
5 繁殖にチャレンジ(カメの譲渡・販売には取扱業の登録が必要・親個体の準備;産卵の準備;孵卵の方法;孵化と仔ガメのケア)
6 水棲ガメ飼育の質問箱

著者等紹介

大谷勉[オオタニツトム]
高田爬虫類研究所沖縄分室。2003年高田爬虫類研究所沖縄分室の名を継承し、沖縄市照屋にて独立。2000年より始めたリュウキュウヤマガメの調査を現在も継続中。沖縄の気候風土にこだわり、その中で種々の爬虫類の繁殖に力を入れている

川添宣広[カワゾエノブヒロ]
1972年、川越生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経て2001年に独立。爬虫・両生類専門誌をはじめ、関連書籍、雑誌多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカミ@書店員復帰を目指し中!

6
我が家でカメを飼ってるため、参考にするために読んでみた。カメの種類というのはたくさんいるのだと知った。飼育の仕方も書いてあるのでカメ飼いたい方におすすめ。2013/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6710885

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。