超絶リアルな色鉛筆画のテクニック―まるで本物みたいな絵が描ける!

個数:

超絶リアルな色鉛筆画のテクニック―まるで本物みたいな絵が描ける!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月24日 04時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 128p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416620731
  • NDC分類 725.5
  • Cコード C0076

出版社内容情報

ここまるのマル秘テクニックで、本物と見間違えるようなリアルな絵が描けるようになる!

初めての人も、これまでに挫折してしまった人も、ここまるマル秘テクニックでリアル画が完成!
「鳥肌がたった」「見事すぎる」など、SNSやメディアで賞賛の声が集まっている、ここまる初の著書。
今にも動き出しそうな動物や昆虫、写真のような果物や立体物のリアリズム。それは色鉛筆の「色数を重ねて塗り込む」という技法で表現できます。
一見描くのが難しそうなリアル色鉛筆画ですが、ここまる自身も独学から始めているため、初心者がつまずきやすいポイントを押さえながら、ていねいに分かりやすく解説しています。

まずは短時間で描けるビー玉やスプーンなど、簡単なモチーフのトレーニングから始めて、最終的にはカブトムシ、猫、鳥といった難しいモチーフに挑戦してください。

目の描き方、耳の描き方など、パーツごとに詳しく解説しているので、コツを掴みやすい内容になっています。
パンパステルを用いた技法や、リアルに見せるコツなど、ここまるのマル秘テクニックも満載で、色鉛筆画の表現が広がること間違いなしです。


■目次
 ここまる作品集

 使用画材
 リアルを表現する/ここまる流 マル秘 描画テクニック
 リアルを実現する/4つの技法(光・陰影・質感・遠近感)
 裏技テクニック/描き始める前の準備
 トレースの方法

 ■初級編
 Chapter.01 オレンジを描く
 Chapter.02 バラを描く
 【ここまる実験室】魅せる花びらに仕上げる「ここまるポイント」!
 Chapter.03 ビー玉を描く
 【ここまる実験室】「色鉛筆」、「色鉛筆+パンパステル」の仕上がりの違いを比べてみよう!
 Chapter.04 スプーンを描く

 ■中級編
 Chapter.05 ワインを描く
 Chapter.06 カブトムシを描く
 Chapter.07 インコを描く

 ■上級編
 Chapter.08 ネコを描く
 Chapter.09 コーギーを描く
 Chapter.10 カツカレーを描く

****************************************************

内容説明

「リアルすぎる!」と話題の色鉛筆作家の描画メソッドを大公開!

目次

ここまる作品集
使用画材
リアルを表現する/ここまる流マル秘描画テクニック
リアルを実現する/4つの技法(光・陰影・質感・遠近感)
裏技テクニック/描き始める前の準備
トレースの方法
オレンジを描く
バラを描く
ビー玉を描く
スプーンを描く
ワインを描く
カブトムシを描く
インコを描く
ネコを描く
コーギーを描く
カツカレーを描く

著者等紹介

ここまる[ココマル]
1974年佐賀県生まれ。2016年に独学で鉛筆画を描き始める。2018年に色鉛筆画を描き始め、2019年に描いたカブトムシを機に、さまざまなテレビやメディア等に取り上げられている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

anne@灯れ松明の火

21
新着チェックで予約。ちょうど色鉛筆を使って、手づくり絵本を描いていたので、興味を持った。が、こんなリアルな絵は描けない~(笑) でも、独学で始めて、ここまでって、すごい! そして、とても丁寧に説明してくれている。やはりオススメ色鉛筆は、ファーバーカステル ポリクロモス。画材屋さん、教室の先生と同意見で納得。実物でなく、写真・画像をモデルにするのがポイントらしいのにも、へ~!2022/01/15

kt

1
光、影、質感、遠近感、難しい。動物が写真のように見える。ご飯ものはちょっと違うが、とても綺麗。丁寧に描かれている。少しでも近づけるよう、やってみよう。2022/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18723451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。