ビーカーくんとすごい先輩たち―歴史に残るにはワケがある!実験器具のゆかいな博物館

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ビーカーくんとすごい先輩たち―歴史に残るにはワケがある!実験器具のゆかいな博物館

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年09月26日 09時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416619681
  • NDC分類 535.4
  • Cコード C1043

出版社内容情報

ビーカーくんシリーズ第3弾!

ビーカーくんと一緒に実験器具の博物館で実験器具の先輩たちに会いに行こう。

現在行われている実験や使われている実験器具は、どれもこれまでの科学研究において培われた技術と知識の集大成のようなもの。
偉大な科学の先人達と共に歩んできた実験器具を、そのエピソードと一緒に紹介していきます。
目の前にある器具の背景を知れば、きっと実験器具がもっと好きになるはず。

今実験をしている人も、実験をしたことがある人も、そしてこれから実験をする人も、実験器具の世界に遊びに行ってみませんか?

内容説明

この本は、科学の世界を切り開いてきた実験と器具たちが勢ぞろいしています。教科書で見たような実験と実験器具はもちろん、多くの方が目にしたことのない器具も盛りだくさん。実験器具には科学者たちが工夫を凝らして世界を見てきた歴史が詰まっています。科学の発展と共に歩んできた器具たちに会いに行ってみましょう!

目次

1 観察する先輩たち
2 はかる先輩たち
3 計算する先輩たち
4 電磁気に関する先輩たち
5 真空・光に関する先輩たち
6 ガラスでできた先輩たち
特別付録 先輩図鑑

著者等紹介

岡本拓司[オカモトタクジ]
東京大学大学院総合文化研究科科学史・科学哲学研究室教授。科学技術や大学の歴史を中心に研究をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

66
科学実験に使われた、装置・器具の過去の姿をさぐっていく。まぁ何と懐かしい! と言っても、自分がこれらの器具を使ったのではなく、科学史をひもとくと必ず登場するものばかり。かつていろいろな本で読んだ覚えがあります。それをここでは一堂の元に収録。考えてみれば実におトクな本。エムカテラとか、カリ球、亀の子シャーレは初見。フーコーの回転鏡が光速測定に使われたことは知っていても、実際の形状は知らなかった。屋井乾電池はそういえば、チコちゃんで放送していましたね。2021/01/28

ネコタ

53
ビーカーくんシリーズ第3弾。実験器具の先輩たちを訪ねる。顕微鏡、pHメーター、計算機、電池、磁石などなど。もちろん知らないものもたくさん。こういう博物館は楽しい。島津の創業記念資料館や東京理科大学の博物館は楽しかった。2020/02/16

keith

19
実験器具の歴史。科学や化学を研究するのに必須な実験器具の成り立ち。分かりやすいイラストですが、こうした器具を開発するのは大変だっただろうな。2020/12/27

Toshiyuki Maeda

18
キログラム原器さんと輸送容器さんの本物を見てみたい(^^)2020/02/24

hnzwd

16
シリーズ第三弾。今回は博物館クラスの古の実験器具の特集。やっぱりレーウェンフックの顕微鏡はカッコいいな。2021/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14471441

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。