野菜・山菜ハンドブック―栽培技術・利用方法がわかる

個数:

野菜・山菜ハンドブック―栽培技術・利用方法がわかる

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416614679
  • NDC分類 626
  • Cコード C2061

内容説明

野菜、山菜122品目の栽培技術・利用法がわかるハンドブック。名称、起源、栽培適正、品種、栄養特性などを詳細に記述。巻末に品目索引が付く。

目次

茎葉菜・花器編(アイスプラント;アサツキ;アシタバ ほか)
根菜・塊茎編(アピオス;カエンサイ;カブ(中・大) ほか)
果菜・莢物編(イチゴ;エダマメ;オクラ ほか)

著者等紹介

戸澤英男[トザワヒデオ]
青森県平川市町居生まれ(1940年)。青森県立柏木農業高校卒業。弘前大学農学部卒業後、北海道立十勝農試勤務。農水省農研センターを経て、2001年より農研機構・生研センター(研究リーダー)。日本育種学会賞受賞(1989年)。農学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

野菜、山菜122品目の栽培技術・利用法をまとめた1冊。栽培品目を選ぶ際に役立つ。

野菜、山菜122品目の栽培技術・利用法をまとめている。生産者や家庭菜園を趣味とする人、農作物をつくることに興味がある人ならば初心者からプロまで利用できる。生産者が直売用など作付け品目を選ぶ場合や、一般の家庭菜園を楽しむ人が、品目の作型や特性、利用法などを調べることができる。また、基本的な栽培技術がコンパクトにまとまっているので、農業の指導員、研究者も必携の1冊。

【著者紹介】
弘前大学農学部卒、北海道立十勝農試、農水省農業研究センターなどを経て、2001年に農研機構。2005年退任。日本育種学会賞(1986年)。現在は青森県にて農業やカルチャースクール講師。