露地を彩る蹲踞大全―つくばいの作法を網羅した決定版

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

露地を彩る蹲踞大全―つくばいの作法を網羅した決定版

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 191p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416614358
  • NDC分類 629.61
  • Cコード C2061

出版社内容情報

日本庭園を彩る添景物のひとつ蹲踞(つくばい)について、その仕組みから、デザイン、設置方法、歴史などをわかりやく解説した一冊。

「蹲踞【つくばい】」とは、日本庭園を彩る添景物のひとつで露地(茶庭)に設置されます。もともと茶道と深い関係にある蹲踞は、茶道の習わしで客人が手水で手を洗うときに、「つくばう(しゃがむ)」ように身を低くして手を清めたことからその名がつきました。
本書では、その蹲踞を構成する「手水鉢【ちょうずばち】」を中心に、役割や名称、仕組みなどの基礎知識から、デザイン、歴史、作法と鑑賞の仕方、茶道との庭との関係などについて豊富な写真や図版・イラストでわかりやすく紹介しています。
また近年、日本の庭園文化を代表する装飾・仕掛けのひとつとして再び注目された「水琴窟【すいきんくつ】」(※手水鉢の近くの地中に作り出した空洞の中に水滴を落とし、その音を反響させる仕掛けで、実際には手水鉢の排水を処理するものとして機能している)についても、その構造や設置の仕方などを詳しく解説、文字通り「蹲踞」のすべてがわかる一冊になっています。

【著者紹介】
1941年東京生まれ。日本庭園研究会会長。吉河功庭園研究室代表。中国園林資料研究所所長、蘇州風景園林学会名誉理事、杭州風景園林学会名誉理事なども務める。日本庭園の研究家、作庭家、石造美術品の設計家として活躍している。竹垣、石組など庭づくりの著書多数。

内容説明

手水鉢のデザインから水琴窟の仕組み・設置方法まで、つくばいのすべてがわかる。

目次

1 蹲踞の構成と作法
2 水琴窟の仕組みと設置方法
3 手水鉢デザイン実例集
4 手水鉢を巡る物語
5 手水鉢の歴史
6 用語解説

著者等紹介

吉河功[ヨシカワイサオ]
1941年東京都生まれ。1963年日本庭園研究会を創立。現在同会会長。吉河功庭園研究室代表。中国園林資料研究所々長。中国蘇州市風景園林学会名誉理事、中国杭州市風景園林学会名誉理事。日本庭園、中国庭園の研究家、作庭家、石造美術品設計家、庭園写真家などとして活躍中。現靖國神社内苑管理責任者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。