やきものの科学―粘土・焼成・釉薬の基礎と化学的メカニズムを知る

個数:
電子版価格
¥1,925
  • 電書あり

やきものの科学―粘土・焼成・釉薬の基礎と化学的メカニズムを知る

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月18日 11時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 239p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416521618
  • NDC分類 751
  • Cコード C2072

出版社内容情報

長く品切だった人気作『焼き物実践ガイド』を、ビジュアルも一新し新版化!

「やきものとは何か」という根源的な問いから始まり、原料の地学的な説明、基礎原料の解説、焼成のメカニズム、釉薬の特徴など、作陶にあたって知っておきたい知識を紹介。
化学的なアプローチで「やきもの」を説明した、画期的な1冊です。

自分で釉薬の調合をする人には欠かせない三角座標やゼーゲル式の考え方・求め方や、起こりやすいトラブルの原因と防止法、粘土の解コウ、凝コウについてなども、平易な言葉と豊富な図表で解説しています。
索引付き。

■目次
カラー口絵(釉薬調合例の焼成サンプル)

1章:やきものを地学で科学する
地学から見たやきものとは/粘土の誕生は、いつ、どのように?/粘土の組成と構成/粘土鉱物の性質/粘土の分類

2章:やきものの成形と化学変化
乾燥のメカニズム/鋳込みとは/粘土の解コウのメカニズム/解コウ剤と粘土/粘土の凝コウのメカニズム/鋳込み泥漿のつくり方/泥漿の管理

3章:やきものの焼成と化学変化
焼成で起きる化学変化/焼成で物質はどう変わるか/熱科学的に窯焼きを見る/焼成での歪みや亀裂とその原因

4章:釉薬の基本と調合
釉薬とは何か/釉薬の溶融とは/釉薬成分の3要素と役割/三角座標による釉調合テスト/ゼーゲル式とは/ゼーゲル式でわかること/ゼーゲル式計算の基本/ゼーゲル式はいつ役立つのか/透明釉とは/不透明釉(失透釉)とは/釉薬の呈色/色釉の着色剤と調合/釉薬を調整する

5章:釉薬の原料
釉薬の構成要素を理解する/釉薬の原料/顔料

6章:釉薬トラブルの原因と防止方法
貫入のメカニズムと防止方法/釉ハゼ(釉飛び)の原因と防止方法/ブクとピンホールの原因と防止方法/釉ちぢれの原因と防止方法/釉ハゲの原因と防止方法/粘土に由来する釉の異常と原因

7章:化粧土
化粧土の基本/化粧土を調整するには/化粧を施すタイミング/色化粧土/色化粧土の調合例

補足
粘土の解コウのメカニズム/作業の安全性と環境への配慮

*******************************

目次

1章 やきものを地学で科学する
2章 やきものの成形と化学変化
3章 やきものの焼成と化学変化
4章 釉薬の基本と調合
5章 釉薬の原料
6章 釉薬トラブルの原因と防止方法
7章 化粧土

著者等紹介

樋口わかな[ヒグチワカナ]
1951年東京都生まれ。1973年東京都立深沢高校卒。1974年桜美林大学中退。1969年東京品川区の鷹美術研究所で陶器を学ぶ(~73年)。1974年屋久島、屋久島焼窯元で学ぶ(~75年)。1975年東京渋谷区代官山の陶芸教室「クラフト滝陶」で働く(~81年)。1982年メキシコに移り、メキシコ市陶器工房「ケンタロ窯」で技術指導(~85年)。1985年メキシコ市陶器工場「コルモサ窯」で技術指導(~91年)。1991年メキシコ州トルーカ市の「トルーカ陶磁器学校」で指導(~99年)。1999年トルーカ市「生命芸術学院」にて陶器技術の指導にあたる(~08年)。2008年帰国。2016年茨城県立笠間窯業大学校講師。教育機関での指導に加えて、講演や陶器公募展の審査員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

15
図や表が多く、理解しやすいです♪、扱っている範囲も広く、科学的です実際に活用していくには、理解、翻訳が必要な感じ、鋳込みなどにもページをわりと割いており良いです。(ただ、はじめに、の前のページに、何故かカラーページの焼成サンプルのページがあり、違和感を感じます。著者というよりも、編集がまずい感じ(編集者は…あれあれ、陶芸教室の先生ですなぁ、失礼しました。))2021/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17778526
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。