デザインノートBOOK<br> 原研哉の仕事―潜在する価値観のデザイン

個数:

デザインノートBOOK
原研哉の仕事―潜在する価値観のデザイン

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 143p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784416521281
  • NDC分類 727
  • Cコード C0070

出版社内容情報

日本を代表するアートディレクター、原研哉。
1983年に日本デザインセンターに入社以来、30年以上にわたり日本のグラフィック業界を牽引してきた第一人者です。

無印良品のアートディレクション、蔦屋書店、GINZA SIXのVI、JAPAN HOUSEの総合プロデュースなど、その活動は多岐にわたり、今もその領域を世界を拠点に広げ続けています。
常に社会を広く深い視点から見据え、多角的な視点から物事の本質を見極め、デザインの可能性を追求している原は、多くの後輩たちの目標として最前線を走り続けています。

本書は、2019年7月刊行『デザインノートNo.86』が大好評につき、最新の仕事を約30ページ増補し書籍化しました。
さらにアップデートした原研哉の仕事の今を大公開します。

現在、原研哉がどんな活動し、どこに向かっているのかを探るため、密着取材を敢行。
また、全仕事を網羅して掲載する特別企画にて展開、原の仕事を全方向から見つめてみました。
デザインの可能性が満ち溢れた、全てのデザイナーの参考となる必読の一冊です。

内容説明

『デザインノートNO.86原研哉特集』現在進行形で書籍化。初公開となる2019‐2020年の仕事を大増補。デザイナーとして35年以上のキャリアを持ち、今もなお広がり続けている原の多彩な仕事を8つの章に分けて紹介。錚々たる企業やブランドの仕事を手掛け、デザインを通して世界や社会に潜在する価値や新たな問いを可視化し、世に投げかけている原研哉の現在進行形の仕事をこの一冊に収録。

目次

原研哉Special Interview
第1章 移動への欲望とツーリズムの未来
第2章 無印良品のアートディレクション
第3章 HOUSE VISION―未来産業の交差点を見つめる
第4章 展覧会のキュレーション―仮想と構想の編集
第5章 アイデンティフィケーション―見えない価値をかたちにする
第6章 本のデザイン―情報の彫刻
第7章 海外活動とエデュケーション
第8章 気持ちいいのはなぜだろう―コロナを経て世界のアップデートに向けて