認知症のうつ・イライラを改善!アートリップ入門―対話型アート鑑賞プログラム

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

認知症のうつ・イライラを改善!アートリップ入門―対話型アート鑑賞プログラム

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月24日 02時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416520604
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0036

出版社内容情報

現在、アートが人々の健康や治療に与える好影響が、世界中の医療・介護の現場で注目されています。
各研究では、アート鑑賞が認知症の人の記憶、感性を呼び起こし、QOL向上にも効果があると証明されてきています。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)では、「対話型アート鑑賞プログラム meet me」を開発、現在、全米100か所以上の美術館で行われているほか、ヨーロッパ、アジアの国々でも展開されています。

日本では、MoMAで同プログラムを学んだ林容子氏が代表をつとめるアーツアライブが、2011年より国立西洋美術館をはじめとした各地の美術館のほか、介護施設などで、日本向けにアレンジされたプログラム「アートリップ」を実施しています。
グループで作品を鑑賞し、進行役のアートコンダクターの質問に答えながら、参加者が感じたことや思ったことを発言します。
その会話が忘れていた感情を呼び起こし、認知症の方が生き生きと感想を述べたり、昔のことを話し始めたり。
同伴した家族からは、「昔のお母さんの顔に戻った」、「いつもイライラしている夫がおだやかになった」などといった意見が聞かれます。

林氏も参加した国立長寿医療センターの調査では、アートリップを体験した方の多くが、うつ症状が軽減、QOLが向上されたという結果が出ています。
さらに、世界10か国が参加している国際研究でも、「参加型アート」がウェルビーイング(幸福度)、QOL(生活の質)、さらに身体的健康も向上させることが証明されています。

本書は、MoMAではじまり、世界に広がりを見せている対話型アート鑑賞プログラムとはどのようなものなのか、また、日本のアートリップではどのような効果が出ているのかを紹介します。
高齢化が進む日本で、医療・介護現場においてアートが果たす役割に光を当てます。

内容説明

認知症には医者よりアートが必要!認知症の周辺症状の改善、予防効果を科学的に実証。

目次

序章 ある日のアートリップ
1 アートリップの7つの特徴
2 アートリップが起こした変化
3 アートは認知症に効果があるのか
4 アートリップのはじまり
5 アートは脳のチョコレート―アートと認知症の世界最新事情と今後の展望

著者等紹介

林容子[ハヤシヨウコ]
一般社団法人アーツアライブ代表理事。国際基督教大学、米国デューク大学を経て、コロンビア大学大学院にて、芸術経営学で日本人初のMFA(芸術学修士)を取得。帰国後はキュレーターとして国内外のアートプロジェクトの企画運営に携わったのち、一般社団法人アーツアライブを立ち上げ、認知症当事者を含む高齢者などを対象としたアートプログラムや、ビジネスパーソンのためのアートを活用した企業研修を行う。尚美学園大学・大学院芸術情報研究科准教授。一橋大学大学院、武蔵野美術大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

吾輩は月見うどんをたべる

3
すばらしい実践。「アートリップ」とは、認知症の方がグループでアートを見て、感じたことを自由に発言・共有する「対話型アートプログラム」であるとのこと。絵をみた方々の語りのなかにあらわれる故郷の海や雪の日の寒さ、不思議な音楽といったものはそれ自体が詩のようでなんと美しいことかと思いました。全ての人に芸術にアクセスする権利がある、芸術は健康と幸福にとって不可欠なものである。まさにその通りだと思います。コロナや文化の先進性の問題もあるけれど、この考え方が拡まれば何か変わってくるかもという希望のもてる一冊でした。2020/09/29

kaz

1
図書館の内容紹介は『認知症には、医者よりアートが必要! うつ、イライラといった認知症周辺症状を改善・予防する対話型アート鑑賞プログラム「アートリップ」を徹底解説。アートリップが起こした変化も紹介する』。認知症の症状の改善策の一つを知るだけでなく、認知症患者に対する見方も改めることができる本。 2020/09/10

6

0
★★★★★ アートってすごい!!! アートリップの内容についても認知症についても学べる一冊。認知症に対するイメージががらりと変わる。 参加者になってみたいとも思ったし、アートコンダクター側にも興味を持った。 アートコンダクターになったら、認知症の人に限らず様々な人とのコミュニケーションにおいて安心感を与えられる人になりそう。 カナダのモントリオールではこのような活動に保険が適用されていたり、フランスでは認知症薬を保険適用外にしたりと、世界では薬に頼らずアートの力が注目されていることに驚いた。2021/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16147614

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。